TWICE、デビュー5周年記念スペシャルライブを盛況裏に開催「これからも一緒にいようね」

OSEN |

写真=JYPエンターテインメント
TWICEがデビュー5周年を記念してスペシャルライブを行った。

TWICEはデビュー日である10月20日をファンとともに迎えるため、19日の22時20分からNAVERのライブ配信アプリ「V LIVE」とYouTubeで「TWICE 5th Anniversary Special Live <WITH>」を生中継した。

彼女たちは、TWICEとして過ごした5年間の思い出はもちろん、一度も公開されたことのない些細な日常をONCE(ファンの愛称)と分かち合った。宿舎での生活やアルバム活動中にあった「ささやかだけど大切な美談」、メンバーらがお互いに向けて書いた「面白く感動的な手紙」など、特別なコーナーを通じてファンが知りたがっていた様々なエピソードを公開し、楽しい時間をプレゼントした。

また、ONCEが事前に準備したお祝い映像を見ながら涙を流したTWICEは、メンバー全員が作詞に参加した歌「21:29」とファンソング「ONE IN A MILLION」を歌い、ファンに感謝の気持ちを伝えた。後半には26日にリリースされるニューアルバム「Eyes wide open」の12番目のトラック「SAY SOMETHING」を披露し、ファンの熱烈な反応を引き出した。

このように多彩な見どころで2時間を満たした今回のライブには、ファンへの愛情がたくさん込められていた。TWICEは「ここ5年間、振り返れば忘れられない瞬間が本当に多いけれど、コンサートのステージを駆け回っていたTWICEが真っ先に思い浮かぶ。皆さんの応援と歓声のおかげで本当に美しい思い出として記憶に残っている。5年間、ファンの皆さんがそばにいてくれてとても幸せだったし、これからも一緒にいて欲しい」と言い、感動を与えた。

TWICEは10月26日、2ndフルアルバム「Eyes wide open」とタイトル曲「I CAN'T STOP ME」をリリースする。

JYPエンターテインメントのパク・ジニョン代表と、ヒット曲メーカーのメラニ―・ジョイ・フォンタナ(Melanie Joy Fontana)、有名プロデューサーのミシェル・リンドグレン・シュルツ(Michel 'Lindgren' Schulz)、デュア・リパ、Kenzie、Heizeなど豪華な作曲家が手がけたニューアルバムは、7日から予約販売が行われている。

記者 : イ・スンフン