パク・ボゴム、モデル顔負け!抜群のスタイルで着こなすファッションに注目

@STYLE |

入隊も“ボゴムマジック”を消滅させることはできなかった。昨年8月、静かに海軍に入隊したパク・ボゴム。入隊後すぐに韓国で放送が始まった事前制作ドラマ「青春の記録」は、同時間帯の視聴率1位を記録し、高い人気を誇った。映画「徐福」と「ワンダーランド」も今後公開される予定で、彼にはいわゆる“軍白期(入隊による空白期)”さえなさそうだ。

2011年の映画「ブラインド」を皮切りに、KBS 2TV「本当に良い時代」、KBS 2TV「ネイルもカンタービレ」、映画「バトル・オーシャン/海上決戦」「チャイナタウン」などを通じて演技を続けてきたことはもちろん、KBS 2TV「ミュージックバンク」のMCとしても活動し、万能エンターテイナーとして人々に強い印象を残した。

その後、tvNドラマ「応答せよ1988」で天才囲碁棋士のチェ・テク役とKBS 2TVドラマ「雲が描いた月明かり」で気難しい皇太子役を完璧に演じ、トップスターになった彼はtvNドラマ「ボーイフレンド」まで成功させ、名実共に韓国を代表する男優になった。ファンクラブ名が“ボゴム福祉部”であるだけに、優れたビジュアルとスタイルを誇り、JTBC「ヒョリの民宿」などで親しみやすい姿まで見せた欠点のないスター、パク・ボゴム。彼は学生時代、水泳選手として活躍しており、女性のロマンである広い肩とたくましい体の持ち主で、公の場でも空港でも、視線を釘付けにするファッションを披露している。高身長だからこそよく似合うロングコートからラフなニットのプルオーバーまで、モデルに引けを取らないスタイルを誇り、限界のないコーディネートを披露するパク・ボゴム。TPOを問わず、ファッションの世界まで拡大している“ボゴムマジック”の瞬間をまとめてみた。


2019年5月1日/「第55回百想芸術大賞」レッドカーペット

華やかなスーツで大胆な授賞式ファッションを披露したパク・ボゴム。ツヤのあるサテン生地に波模様が加わった青のジャケットを選び、フォーマルだが、授賞式の司会者らしい抜群の存在感を誇った。


2019年3月14日/空港出国

ビビッドな赤いニットプルオーバー、黒のチノパンに白いスニーカーを合わせ、すっきりとしているが単調でないカジュアルコーディネートを完成させた。ニットのアクセントになるプリントが、白い肌のパク・ボゴムに活気を吹き込んだ。


2018年12月11日/空港出国

高身長を生かしたロングコートが際立った空港ファッション。中に着たタートルネックからパンツ、シューズまですべて黒に統一し、モダンなスタイルを披露した。白が入った黒いスニーカーを合わせ、アクセントを与えることも忘れなかった。


2018年11月21日/「ボーイフレンド」制作発表会

たくましい体格を200%活用したスーツを披露したパク・ボゴム。濃い茶色のダブルジャケットにインナーとしてワイルドなデザインが際立つブラック&ホワイトシャツを合わせた。柔らかい印象だが、強いカリスマ性が際立つフォーマルファッションだ。


2018年9月11日/家電メーカーのイベント

パク・ボゴムのダンディーな魅力を余すところなく披露したスタイル。袖をロールアップしたすっきりとしたホワイトシャツと、薄いベージュのチノパンに真っ白のカジュアルなスニーカーを合わせた。前髪を上げておでこを見せたヘアスタイルで、マニッシュな魅力を見せた。

記者 : イ・ミンギョン