「私がいちばんキレイだった時」ハ・ソクジン、ジスとイム・スヒャンの関係を疑う

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=放送画面キャプチャー
ジスが、ハ・ソクジンに警告した。

23日午後に韓国で放送されたMBC水木ドラマ「私がいちばんキレイだった時」(脚本:チョ・ヒョンギョン、演出:オ・ギョンフン、ソン・ヨンファ)では、ソ・ジン(ハ・スンジン)とソ・ファン(ジス)が言い争った。

ソ・ジンはソ・ファンに「まだオ・イェジ(イム・スヒャン)のことが好きなのか? 僕がいない長い間、ずっとそうだったか? どんな気分だったんだろう。僕が戻ってきて……しかもこんな姿で。君ももう大人だから言ってみなさい。お互いに率直に言ってみよう」と話した。

ソ・ファンは「恨みを持ってデマを流した。それだけだ」と話したが、ソ・ジンは「今までもオ・イェジのことが好きだったか?」と尋ねた。

これに対して、ソ・ファンは「そんな質問自体が侮辱だ。先生を信じたら心配することはない。僕の感情など無視してきたじゃないか。今やっているプロジェクトで先生とコラボしようと思う。兄貴も反対しないだろう? 僕ももう大人だ。これ以上どんな競争でも退く必要はない」と強く主張した。

特にソ・ファンは「(オ・イェジは)父の世話をしながら耐えてきた人だ。兄貴がこれまで僕たちを心配させたことを考えると、放っておきたくない。こんな形で現れて我慢しているだけだ」とし、腹を立てた。

記者 : チャン・ウヨン