パク・ジニョン主演作も!「韓国映画CJゾーンの映画たち2020」注目の7作品の上映が決定

KSTYLE |

(C) 2012 CJ E&M CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED
韓国映画の劇場未公開作や大ヒット作等、全7作品を上映する特集上映「韓国映画CJゾーンの映画たち2020」が、12月4日~12月17日まで東京・ヒューマントラストシネマ渋谷にて実施される事が決定した。

昨年、「バトル・オーシャン / 海上決戦」を日本初上映し、話題を集めた特集上映「韓国映画CJゾーンの映画たち」が、大好評につき今年も再び実施される! 第2回目となる今回の特集では、今話題の“時の人”や、再び注目を浴びている俳優・女優の出演作、人気が再燃中の作品など、韓国の大手配給会社CJエンターテインメントが手掛ける、魅力的な全7作品を上映する。

なかでも、韓国きってのヒットメーカーであり、最近はオーディション番組「Nizi Project」で注目を集めている音楽プロデューサーのJ.Y.Parkが俳優として主演を務めた「ミリオネア・オン・ザ・ラン」は、本企画で初の劇場公開となる。

さらに、アカデミー賞受賞が記憶に新しいポン・ジュノ監督作品に出演し広くその名を知られるようになった女優ペ・ドゥナ(『吠える犬は噛まない』)が、瑞々しい20歳の女性を演じ、映画評論家の蓮實重彦氏が「映画の歴史を揺るがせる稀有の処女作である」と、大絶賛した傑作・青春映画「子猫をお願い」や、イ・ビョンホンが初の時代劇で1人 2役を演じ、最近ではヨ・ジング主演でドラマ化もされ人気が再燃中の大ヒット作「王になった男」も上映。

ほか「新感染 ファイナル・エクスプレス」の続編「ペニンシュラ(原題)」で主演を務めるカン・ドンウォンの幻の映画デビュー作や、人気俳優キム・スヒョン、チ・チャンウク、チソンそれぞれの主演作品の上映も予定している!

期間中、上映劇場のヒューマントラストシネマ渋谷では、「美酢ミチョ」や化粧品「colorgram」などの素敵なプレゼント企画を実施予定。ほか、オリジナルドリンクの販売や展示などの様々な企画も予定している。

特集上映の最新情報は、配給会社ツインの Twitter(@movietwin2)にて随時お知らせ。さらに、これまで多数の韓国映画を担当してきた宣伝Tによる、ココでしか聞けない耳よりな話も投稿される。韓国映画ファンなら見逃せない情報も飛び出すかもしれないのでぜひチェックしてほしい。

■上映情報
「韓国映画CJゾーンの映画たち2020」
時期:12/4~12/17
場所:ヒューマントラストシネマ渋谷
料金:¥1,300均一
半券掲示でリピーター割引¥1,100
※TCGメンバーズカード会員サービスデー(火曜・木曜)適用可。

■関連リンク
特集上映サイト: https://ttcg.jp/human_shibuya/
※上映スケジュールは10月中旬頃お知らせ予定

記者 : Kstyle編集部