パク・ウンビン&キム・ミンジェら出演、新ドラマ「ブラームスが好きですか」6人のキャラクターポスターを公開(動画あり)

OSEN |

写真=SBS「ブラームスは好きですか」
「ブラームスが好きですか」のクラシックアルバムをコンセプトにしたキャラクターポスターが公開された。

韓国で31日より放送が始まるSBSの新しい月火ドラマ「ブラームスが好きですか」(脚本:リュ・ボリ、演出:チョ・ヨンミン、制作:スタジオS)は、感性溢れる29歳のクラシック専攻学生たちの夢と愛について描いた作品だ。秋が待ち遠しくなる芸術的感性あふれるドラマを予告し、期待を高めている。

こうした中、8月25日には「ブラームスが好きですか」を引っ張っていく6人、パク・ウンビン(チェ・ソンア役)、キム・ミンジェ(パク・ジュニョン役)、キム・ソンチョル(ハン・ヒョンホ役)、パク・ジヒョン(イ・ジョンギョン役)、「プロデュース101」出身のイ・ユジン(ユン・ドンユン役)、ペ・ダビン(カン・ミンソン役)のキャラクターポスターが公開された。クラシック音楽と調和したドラマの特色と、“3角X3角=6角ロマンス”のストーリーを垣間見ることができ、興味をそそる。

まず、バイオリンを大事に持っているパク・ウンビンに目が行く。劇中で、少し遅れて音楽を始めた音楽大学4年生のチェ・ソンア役を演じるパク・ウンビンは、夢と愛、すべてが現実にぶつかる姿を描いていく予定だ。「誰かをどうやって、どれだけ愛するようになるかは、最初から決めて始められるものではなかった」というキャッチコピーは、チェ・ソンアが愛する対象や相手への熱烈な気持ちを覗わせる。

続いて、世界的ピアニストのパク・ジュニョンに扮したキム・ミンジェは、特別な雰囲気で存在感を発揮する。ピアノのそばに立っている彼は、物思いにふけったような横顔で目を引く。これと共に「多すぎないように、過度にならないようにしましょう。僕たち、その愛というもの」というキャッチコピーは、彼の慎重な性格と、彼が愛についてこのように語った理由への関心を高める。

キム・ミンジェと幼い頃からエリート音楽家コースを歩んできた、キム・ソンチョルとパク・ジヒョンの姿も視線を奪う。チェリストのハン・ヒョンホ役を演じるキム・ソンチョルは「僕の初恋はスクラッチだらけだった」というキャッチコピーで彼らの混沌とした三角関係を暗示した。バイオリニストのイ・ジョンギョンに扮したパク・ジヒョンと彼女のキャッチコピー「ブラームスってあなたみたいじゃない?」は、誰かのことを生涯片思いをしてきた音楽家のブラームスに例えており、その対象が一体誰なのか好奇心を刺激した。

パク・ウンビンのアマチュアオーケストラサークルの友人であるイ・ユジンとペ・ダビンは、3人の親友の愛と友情を描く予定だ。パク・ウンビンのバイオリンの先生で、彼女の夢を応援してくれた最初の友達ユン・ドンユン役のイ・ユジンは、「考えるだけで胸がドキドキすること、何か分かる?」というキャッチコピーで、カン・ミンソン役のペ・ダビンは「きっとうまくいくから心配しないで。なぜならあなたは私の友達だから」というキャッチコピーで、親しい3人の友人関係がどのように描かれるのか、期待を高めた。

6人6色のキャラクターポスターは、実際にクラシック音楽のアルバムカバーをコンセプトにして制作され 「ブラームスが好きですか」だけの魅力を視聴者に強烈に伝えた。俳優たちは、自身のキャラクターをよく見せる表情や眼差しなどで雰囲気とオーラをアピールし、深い印象を残した。クラシック音楽と調和した彼らの愛がどのように描かれるのか、本放送が楽しみだ。

これに先立ち、「ブラームスが好きですか」側はSBSの公式SNSを通じて6人のキャラクターのムービングポスターを公開し、注目を浴びた。俳優らの声と動きが収められたインパクトの強い「ムービングポスター」は、劇中で繰り広げられる彼らの感性的な熱演を予告し、期待を高めた。

SBSの新月火ドラマ「ブラームスは好きですか」は、韓国で31日午後10時に放送される。

記者 : ハ・スジョン