ONEUS、タイトル曲「TO BE OR NOT TO BE」のストーリーフィルム第2弾を公開…強烈な雰囲気

OSEN |

写真=RBW
ONEUSが、ニューミニアルバム「LIVED」の世界観を見せるストーリーフィルムを追加で公開した。

ONEUSは本日(10日)0時、公式YouTubeチャンネルを通じて、4thミニアルバム「LIVED」のタイトル曲「TO BE OR NOT TO BE」のストーリーフィルムを公開した。

公開されたストーリーフィルムは、先立って公開された第1編に続き、太陽の神ヘリオスと6人の君主の話を盛り込んでいる。息子を失ったヘリオスの怒りは、闇に消えた6人の君主ONEUSに向かい、彼は君主たちの力を奪って墓室(墓の中の部屋)の監獄の中に閉じ込め、永遠の眠りにつかせた。

6人の君主であるONEUSが力を取り戻し、抜け出すためには、最も愛して守ろうとした予言の子の子孫の血を取らなければならなかった。これは、ヘリオスが君主に下した最高の呪いであり、それから数百年が経った。

映像の終盤には、ONEUSの顔の上に血がしたたり落ち、新曲「TO BE OR NOT TO BE」のタイトルのように、生と死の危険な境界に立つONEUSがどんな選択をするのか、好奇心を刺激する。

特に、壮大なスケールを誇るファンタジー映画のように、練り込まれたストーリー、メンバーの繊細な感情表現、感覚的な演出まで加わえられ、強烈な印象を残す。

このようにONEUSは、新曲「TO BE OR NOT TO BE」のストーリーフィルム2編を順を追って公開し、本格的な世界観を展開した。、Mnet「Road to kingdom」の競演曲「COME BACK HOME」をベースに密接につながるストーリーを描き、音楽はもちろんコンセプト、ミュージックビデオなどにぎっしりと詰め込んだ。

19日、ONEUSはニューミニアルバム「LIVED」を発売する。ニューミニアルバム「LIVED」は与えられた運命に順応せず、運命を自分で選択していく姿を描き、選択に対する苦悩と葛藤をONEUSならではの華やかで洗練されたパフォーマンスで表現する。

悲劇的な運命の岐路に立たされたONEUSの選択がもたらす新しい物語と共に、より一層グレードアップした“ステージ天才”ONEUSのパフォーマンスにも関心が高まっている。

ONEUSの4thミニアルバム「LIVED」は、19日の午後6時に公開される。

記者 : キム・ウネ