BTS(防弾少年団)、米ビルボード200でアルバム2作が同時ヒット…カムバックにも期待高まる

KSTYLE |

Big Hit Entertainment
BTS(防弾少年団)がアメリカ“Billboard200”のチャートでアルバム2作を同時にチャートインさせ、“2作同時ヒット”を続けている。

4日(アメリカ時間)アメリカの音楽専門媒体ビルボードが発表した最新チャート(8月8日付)によると、2月21日発売されたBTSの韓国4thアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」は“Billboard200”チャートで63位を獲得した。これは先週より5位ランクアップした記録で、3月7日“Billboard200”チャートに1位で初登場して以降、23週連続上位をキープし、固いアルバムパワーを再び立証した。

「MAP OF THE SOUL : 7」は“ワールドアルバム”チャート1位、“インディペンデントアルバム”チャート9位、“トップカレントアルバムセールス”チャート11位、“トップアルバムセールス”チャート11位、“テイストメーカーアルバム”チャート7位など、他のチャートでも上位を独占した。

それとともに約2年前の2018年8月に発売された「LOVE YOURSELF 結 'Answer'」は“Billboard200”チャート171位になり、2作同時ヒットをけん引した。このアルバムは他にも“ワールドアルバム”チャート2位、“インディペンデントアルバム”チャート30位、“トップアルバムセールス”チャート38位などを記録した。

2019年4月に発売された「MAP OF THE SOUL : PERSONA」も“ワールドアルバム”チャート4位、“トップカレントアルバムセールス”チャート20位、“トップアルバムセールス”チャート23位などに入り、変わらない人気を誇っている。

BTSは、21日にデジタルシングル「Dynamite」を全世界同時公開する。ニューシングルの発売スケジュール、曲のタイトル及びロゴに続きプロモーションスケジュールまで次々と公開され、「Dynamite」への全世界ファンの関心と期待が高まっている。

記者 : Kstyle編集部