「私たち、愛したでしょうか」ソン・ホジュン、ソン・ジヒョに積極的なアタックを予告“僕は止められない”

Newsen |

ソン・ホジュンが、ソン・ジヒョに対する積極的なアタックを予告した。

29日に韓国で放送されたJTBCドラマ「私たち、愛したでしょうか」第7話では、ノ・エジョン(ソン・ジヒョ)に気持ちを告白して断られた後、これをリュ・ジン(ソン・ジョンホ)に嘆くオ・デオ(ソン・ホジュン)の様子が描かれた。

この日、オ・デオはリュ・ジンに自身がノ・エジョンに告白して、断られたことを打ち明けた。

しかし、オ・デオはノ・エジョンを諦める気がなかった。オ・デオはリュ・ジンに「彼女を見たらドキドキする。見なかったら気になるし、自分の気持ちが思い通りにならない。僕は絶対に諦めない。僕の気持ちがやっと始まったばかりなのに、どうやって止めるというんだ? 僕は止められない」とし、積極的な姿勢を予告した。

一方、ノ・ハニ(オム・チェヨウン)が自身の娘だと思っているリュ・ジンは、苦い表情。リュ・ジンは子供がいても構わないというオ・デオがたまらなくなって、慌ててその場を離れた。

記者 : ソ・ユナ