Weki Meki キム・ドヨン、ドラマ「マンチッ男女」放送終了の感想を伝える“本当に幸せだった”

Newsen |

写真=Fantagio
Weki Mekiのキム・ドヨンが、ウェブドラマ「マンチッ男女」(脚本:チェ・ヨジ、演出:ワン・ヘリョン)放送終了の思いを語った。

キム・ドヨンは最近、同名の人気ウェブ漫画を原作にしたロマンスファンタジーウェブドラマ「マンチッ男女」で、しっかり者で強そうにみえるが、心は弱いハン・ソンニョ役を務め、熱演を披露した。

ハン・ソンニョは、チョン・ナムウク(「PRODUCE X 101」出身キム・ミンギュ)とのいがみ合いはもちろん、初々しいロマンスを披露して視聴者たちのときめき度を高めた。

キム・ドヨンは「マンチッ男女」を終えて7月27日、所属事務所Fantagioを通じて「『マンチッ男女』のおかげで、本当に幸せでした。『マンチッ男女』は、私にとって新しい挑戦であっただけに、有意義で大切な作品でした。きっと一生忘れられないと思います」と明らかにした。

「監督や脚本家の先生をはじめ、スタッフの方々、俳優の方々にも本当に感謝します。素敵な方々と一緒に仕事をすることができて、本当に幸せでした」とし、一緒に作品を作った人々に感謝の気持ちを伝えた。彼女は、最後に「『マンチッ男女』とハン・ソンニョを愛してくださったKi-Ling (Weki Mekiのファン)と視聴者の方々、愛してます。これからも良い姿をお見せするために努力するので、見守っていてください!」と付け加えた。

次回作として、Weki Mekiのチェ・ユジョンとウェブドラマ「ソロじゃなくメロ」への出演のニュースを伝えたキム・ドヨン。新しい作品ではどのような変身を見せてくれるのか、期待が高まっている。

記者 : ファン・ヘジン