韓国アーティストのカバー第6弾!米津玄師&菅田将暉のヒット曲「灰色と青」をWoodyが熱唱…抜群の歌唱力を披露

KSTYLE |

メジャーナインジャパン所属のアーティストが、公式YouTubeチャンネルを通じて日本の最新ヒット曲をカバーする企画の第6弾として、人気上昇中のアーティストWoodyが米津玄師(+菅田将暉)の「灰色と青」をカバーした動画を公開した。

毎週金曜日に所属アーティストの一人が、お気に入りの日本のヒット曲をセレクトして歌う企画で好評を博しており、6回目を迎える今回は日本でも徐々に知名度を上げてきているWoodyが再び登場した。

1度目の登場では、かねてから大ファンだったAmazarashiの「未来になれなかったあの夜に」を歌い、他のアーティストとは一味違った選曲に視聴者から驚きの声が上がったが、2度目の今回は米津玄師と菅田将暉が異色のコラボレーションを果たしたヒット曲「灰色と青」をセレクトした。

Woodyは詩の世界観を十分に解釈し、この歌が描く青い少年時代と大人になって灰色な日々を過ごす現在とのコントラストを豊かな表現力で見事に歌い上げている。そして、Woodyの持つハスキーボイスが曲調とマッチし、オリジナルに匹敵する魅力を醸し出している。

前回に引き続き、思い入れの強い曲をセレクトした事で、気持ちをより一層込めて歌うWoodyの姿に注目してほしい。

■関連サイト
公式YouTubeチャンネル: https://www.youtube.com/channel/UCoUDj_3-in4ZmvPS27OM4yw

記者 : Kstyle編集部