「一緒に夕飯食べませんか?」ソン・スンホン&ソ・ジヘ、再び恋愛を始めるも…衝撃の展開に

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「一緒に夕飯食べませんか?」放送画面キャプチャー
ソン・スンホンとソ・ジヘが再び恋愛を始めたが、衝撃的な展開が描かれた。

7日に韓国で放送されたMBC月火ドラマ「一緒に夕飯食べませんか?」第27と28話で、ウ・ドヒ(ソ・ジヘ)はキム・ヘギョン(ソン・スンホン)の母親イ・ムンジョン(チョン・グクヒャン)の訃報を聞き、葬儀場に向かう前に着替えようと家に向かった。家の前で待っていたチョン・ジェヒョク(イ・ジフン)は、「僕、本当に治療受けるよ。決して君に戻ってきてほしいと言っているわけではない」と変化を誓ったが、本音が分からず、相変わらず緊張感のある様子を見せた。

ヘギョンは、ドヒがジェヒョクと一緒にいることを知って、不安に包まれた。葬儀場に戻ってきた彼女を見て安心したように、「もう本当にどこにも行かないで」と切ない気持ちを表した。また、ヘギョンの家で、自分のために食事を作るドヒを優しい目で見守り、慎重に抱きしめて、ジェヒョクによって危機を迎えた恋愛に再び火をつけた。

チン・ノウル(Apink ソン・ナウン)は、ヘギョンを諦めると宣言したが、ヘギョンの母の訃報を知らされなかったことで、裏切られた気分になり、ヘギョンのもとを訪れた。ノウルは悔しそうに寂しさを訴え、ドヒは「クールなふりをしないで。私たちみんな、誰でも。別れにクールにはなれないから」と、ヘギョンとノウルの間に一線を確実に引きながらも、共感と労りの言葉でノウルを慰めた。

キエヌ(パク・ホサン)は、ジェヒョクのせいで家族まで失ったにもかかわらず、ジェヒョクの病的な執着症状を治療するために、再び医師に復職して、使命感を見せた。

しかしジェヒョクは、泣きながら再びドヒの家を訪れて、尋常ではない雰囲気にした。ヘギョンは、不安そうに見せる彼に向かって近づいていく中、突然車道に飛び込んだジェヒョクを救うために身を投げて、交通事故に遭い、視聴者を驚かせた。さらに、衝撃を受けて悲鳴を上げるドヒの姿が続き、来週の放送に対する関心が高まっている。

記者 : ヨン・フィソン