BLACKPINK ロゼからStray KidsのI.Nまで、パン・イェダムのソロ曲「WAYO」を絶賛…デビューに期待の声続々(動画あり)

OSEN |

写真=YG ENTERTAINMENT
YG ENTERTAINMENTの新人グループTREASURE パン・イェダムのソロ曲「WAYO」を聴いた先輩歌手と俳優たちが賞賛を惜しまなかった。

YG ENTERTAINMENTは1日午後12時、公式ブログでパン・イェダムのソロ曲のスポイラー(ネタバレ)映像を公開した。

この映像はパン・イェダムの足跡をまるで映画のように映像に収めた。バン・イェダムの幼い頃の姿から練習生時代まで、彼が音楽と共に歩んできた時間を見せた。それから時間は2020年で止まり、パン・イェダムのシルエットが現れ、ソロ曲「WAYO」のインタビューが始まった。

インタビューに応じたのはユ・ヒヨル、BLACKPINK ロゼ、お笑いタレントCultwo キム・テギュン、アン・ヨンミ、女優イ・ソンギョン、歌手ユン・ドヒョン、I.O.I出身チョン・ソミ、Zion.T、俳優ユン・シユン、Stray KidsのI.N、女優キム・セロンの11人で、彼らは曲を聴いて感嘆した。

ユ・ヒヨルは「WAYO」を聞いてパン・イェダムと初めて会ったSBS「K-POPスター2」の時を思い出したように「こんなに大きくなったんだ」と驚いた。同じ事務所所属のBLACKPINK ロゼは「心に響いた」と話した。幼いパン・イェダムを「天才」と絶賛したキム・テギュンは「強烈だ」と話し、アン・ヨンミは「やばい」と声を上げ、彼を称賛した。

女優イ・ソンギョンは「さらに繊細になったという表現が正しいと思う」と話した。また俳優ユン・シユンは「ボーカルがとても美しい。他の楽器が恥ずかしそうにイェダムの声を支えてあげているような感じだ」と賞賛を惜しまなかった。

パン・イェダムと仲の良いStray KidsのI.Nは「誰でも歌えそうな楽曲だ。イェダムの声を音源で聴くことができると思うととても嬉しい」と話した。さらに女優キム・セロンは「正式に発売されたらたくさんおすすめすると思う」と期待を示した。

先輩アーティストたちの絶賛も続いた。I.O.I出身チョン・ソミは「声がかっこよく、柔らかくてか細いというか……そういう声を聞く時、とてもいい気分になると思う」と語った。「K-POPスター2」で初めてパン・イェダムを見たユン・ドヒョンは「成熟したミュージシャンが披露するような音楽をデビュー曲にしていて本当に驚いたし、それをとてもよく表現していて再び驚いた」と反応した。

BLACKPINK ロゼは「歌う時に話すような感じがとてもいいと思う。最初の小節に入った時から誰が聞いてもこの歌が理解できる」と好評した。Zion.Tは「WAYO」を「パン・イェダムというボーカリストがどんなボーカルなのかを知らせるような、もっと簡単に説明してくれる楽曲」と説明した。また「こんなに歌が上手な人が、自分の曲で認められたらどんなに良いだろうかと思っていたが、ついに(曲が)出た」と称賛した。

ユ・ヒヨルは「初めて発売する楽曲であるにもかかわらず、あまりにも洗練されていて、まず完成度の高さに驚いた。多くの方が僕より驚かれると思う」と話した。

映像の最後には「WAYO」のインストゥルメンタルバージョンの一部が初めて公開され、音楽ファンを魅了した。穏やかで美しいメロディーとおぼろげな雰囲気がどんなストーリーを表現しているのか、好奇心を刺激する。

TREASUREの7月デビューへの期待を高めるパン・イェダムのソロ曲「WAYO」は、WINNERのカン・スンユンが作詞・作曲し、AKMUのイ・チャンヒョクが作詞に参加して話題になった。YGの実力派プロデューサーFUTURE BOUNCEは作詞・作曲・編曲を全て担当し、Andrew Choiも作曲に参加した。

パン・イェダムの新曲「WAYO」は、6月5日午後6時に公開される。発売に先立ち、当日午後4時30分、NAVERのライブ映像配信アプリ「V LIVE」で「TREASURE PRE-DEBUT SPECIAL RELEASE COUNTDOWN LIVE」を放送する。

記者 : パク・ソヨン