VICTON、ニューシングル「Mayday」ソロ予告イメージを公開…異なる2つの雰囲気

OSEN |

写真=Play Mエンターテインメント
急成長して注目を集めているVICTONが、様々なコンテンツでカムバックへの期待を高めている。

所属事務所Play Mエンターテイメントは、27日から29日まで、VICTONの公式SNSとファンコミュニティを通じて、2ndシングルアルバム「Mayday」のメンバー7人のソロ予告イメージを公開した。

27日のホ・チャン&チェ・ビョンチャンを皮切りに、28日にイム・セジュン&ト・ハンセ、29日にはハン・スンウ&カン・スンシク&チョン・スビンのソロ予告イメージを公開して注目を集めた。

メンバーたちは7人7色それぞれの個性と完璧なビジュアルでアルバムのコンセプトを表現し、見る人々を魅了した。明るいカラーとモノクロトーンの写真で、異なる雰囲気を表現し、成熟した姿や男性らしさなど、様々な魅力をアピールしたVICTONは、1stシングル「俉月哀」から続いてきた“感性パフォーマンス”に対する期待を高めた。

これに先立ってVICTONは、「Venez」と「m'aider」2つのバージョンの集合イメージで、ファンたちの大きな反響を得た。今回公開された個人予告イメージに続いて、ミュージックビデオ予告映像などの予告コンテンツを引き続き公開して、カムバック前の雰囲気を盛り上げる予定だ。

新曲「Mayday」は、フューチャーサウンドをベースにしたオルタナティブR&Bジャンルのダンスナンバーで「終わりが見える危険な愛から救ってほしい」という意味を「Mayday」で表現するとともに、幸せな瞬間から抜け出したくないという二重の気持ちを歌詞に盛り込んだ。デュア・リパ、ゼッド、アン・マリーなど世界的に有名なアーティストと作業したプロデューサーらが参加し、完成度を高めた。

昨年、急激な成長を遂げたVICTONは、ファンの熱い声援に後押しされてカムバック活動に入る。VICTONが6月のカムバック合戦に合流して、どのような活躍を見せるか関心が高まっている。

記者 : イ・スンフン