イ・ジェフン&チェ・スビン主演、ドラマ「輝く星のターミナル」6月よりTSUTAYA先行レンタル開始&DVD発売決定

KSTYLE |

(C)SBS
イ・ジェフン&チェ・スビン主演ドラマ「輝く星のターミナル」が、6月3日(水)よりTSUTAYA先行でDVDレンタル開始&発売、5月1日(金)よりTSUTAYA TVで先行配信が開始される。

ある事故がきっかけでパイロットになる夢を諦めたクールなエリート、イ・スヨン役には「シグナル」「秘密の扉」で主演を担ってきたイ・ジェフン。スヨンは注目されるのを嫌い、人々と適度な距離を維持しようとするベールに包まれた新人社員。なるべく静かに空港の業務をこなそうとするが、トラブルメーカーのヨルムのせいでつまらない事件に巻き込まれてしまい、生活が一変!?

そんなスヨンと運命的な出会い(!?)を果たしたヒロインのハン・ヨルムにはチェ・スビン(「ロボットじゃない~君に夢中!~」「雲が描いた月明り」)がキャスティング。ヨルムはやっとの思いで仁川空港に入社したものの、行く先々で事件を起こす人間爆弾と呼ばれてしまう。一生懸命に業務を遂行するがなかなかうまくいかないヨルムを淡々とフォローしてくれるスヨンには胸キュン! 正反対の性格から最初はぶつかってばかりの二人だけど、次第にお互いが気になるように…!

(C)SBS
また、カリスマ性とリーダーシップを兼ね備えた旅客サービス運営企画チーム長のソ・イヌを、出演作品ごとに異なった顔を魅せるイ・ドンゴン(「月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~」「七日間の王妃」)、ヨルムの入社同期のコ・ウンソプをSF9 ロウンが好演し、ドラマに花を添える。各々のキャラクターが絶妙に絡み合うケミは必見!

脚本は「浪漫ドクターキム・サブ」のカン・ウンギョンが筆を執り、監督は「シークレット・ガーデン」のシン・ウチョルがメガホンを取った話題作! 実力派制作陣が紡ぎだした心温まるラブストーリーは、初回放送から最終話まで同時間帯視聴率1位を記録。また「2018 SBS演技大賞」では作品賞をはじめ、イ・ジェフンが最優秀演技賞を、チェ・スビンが優秀演技賞を受賞し、三冠に輝いた。

(C)SBS
(C)SBS

■商品情報
「輝く星のターミナル」
※5月1日(金)よりTSUTAYA TVで先行配信開始!
原題:キツネ嫁星 / 여우각시별 / 製作年:2018年/ 全32話 / 2018.10.1~11.26
(C)SBS

【レンタル】TSUTAYA先行でレンタル開始
○Vol.1~8:6月3日(水)レンタル開始
○Vol.9~16:7月3日(金)レンタル開始
レンタル仕様:1巻約60分 / 各巻2話収録+特典映像

発売元:「輝く星のターミナル」製作委員会
販売元:PLAN Kエンタテインメント

【セル】 各 14,400 円+税
○DVD-BOX1:6月3日(水)発売
HPBR-565 / 1~16話 / 本編約480分+特典映像約96分 / 8枚組
特典映像:キャストインタビュー / 次回、チラ見せ(予定)
封入特典:ブックレット

○DVD-BOX2:7月3日(金)発売
HPBR-566 / 17話~32話(最終話)/ 本編480分+特典映像約86分 / 8枚組
特典映像:メイキング / 次回、チラ見せ(予定)
封入特典:ブックレット

発売元:「輝く星のターミナル」製作委員会
販売元:ハピネット・メディアマーケティング

<レンタル・セル共通仕様>
カラー / 16:9 / ドルビーデジタル2.0chステレオ
字幕:日本語字幕 / 音声:韓国語 / 片面1層
※商品デザイン、組枚数、仕様は変更になる可能性がございます。

<キャスト>
イ・スヨン:イ・ジェフン「シグナル」「秘密の扉」
ハン・ヨルム:チェ・スビン「ロボットじゃない~君に夢中!~」「雲が描いた月明り」
ソ・イヌ:イ・ドンゴン「月桂樹洋服店の紳士たち~恋はオーダーメイド!~」「七日間の王妃」
ヤン・ソグン:キム・ジス「花郎<ファラン>」
コ・ウンソプ:SF9 ロウン「アバウトタイム~止めたい時間~」

<スタッフ>
演出:シン・ウチョル「シークレット・ガーデン」
脚本:カン・ウンギョン「浪漫ドクターキム・サブ」

<あらすじ>
憧れの仁川空港に就職したヨルム(チェ・スビン)は情熱はあるものの不器用な性格で失敗ばかり。激務と噂される旅客サービスチームへの異動を命じられ、心機一転するつもりが初日から遅刻したうえ、指導員となったのは入社わずか 4 ヶ月のスヨン(イ・ジェフン)だった。冷徹なスヨンにいら立ちを覚えるヨルムだが、旅行客のトラブルに巻き込まれたところをスヨンに助けられ、1年前の出来事を思い出す。ヨルムは次第にスヨンに興味を抱き、スヨンもまたヨルムのことが気になり始める。やがて2人は第2ターミナルの勤務になるが、そこにはスヨンの過去を知る因縁のイヌがいて!?

記者 : Kstyle編集部