「見た通りに話せ」少女時代 スヨン、誘拐された子供を救出したチャン・ヒョクの提案を受け入れる

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「見た通りに話せ」放送画面キャプチャー
「見た通りに話せ」で少女時代 スヨンが、拉致された子供を探すのに一助となったチャン・ヒョクの提案を受け入れた。

23日に韓国で放送されたOCN土日ドラマ「見た通りに話せ(演出:キム・サンフン、脚本家:コ・ヨンジェ、ハン・ギヒョン)」で誘拐犯(ペク・ジウォン)は、逃げた子供ヒョンスの後を追った。子供はかくれんぼをするように体を隠したが、誘拐犯は「君はユビンだ」とし、死んだ子供の名前を呼びながら子供がいる場所を見つけた。同じ時刻、チャ・スヨン(スヨン)とオ・ヒョンジェ(チャン・ヒョク)も子供を捜索した。

このとき、チャ・スヨンがヒョンスを見つけた。しかし、誘拐犯は自身の子供だと勘違いし、挙句の果てには武器で2人を傷つけようとした。

危機に置かれた中、オ・ヒョンジェが誘拐犯の手を制圧し「あなたの息子は5年前に死んだ。認めなさい。あの子はヒョンスだ。もう、妄想から抜け出しなさい」と言って、これを阻止した。誘拐犯は、鏡の中に閉ざされた死んだ息子を見て「僕の息子を出してください」と訴えた。オ・ヒョンジェは息子を失った悲しみに包まれた誘拐犯に「もう息子を送ってやれ」と慰め、誘拐犯は泣き崩れた。

結局、現場で誘拐犯を逮捕し、無事に子供を救出することができた。オ・ヒョンジェは「人の痛みは、どこまで苦しめられるのだろう。過去にとどまっているはずだ」とし考えに耽った。また「人は誰もが傷を持っているし、鏡がそれを見せたはずだ」と話した。チャ・スヨンはオ・ヒョンジェに「ありがとう」とし「まだ私が必要であれば、例の提案を受け入れる」と言った。

記者 : キム・スヒョン