(G)I-DLE、3月中旬にカムバック決定!事務所がコメント「本日ミュージックビデオ撮影」

OSEN |

写真=OSEN DB
(G)I-DLEが3月中旬にカムバックする。

OSENの取材によると本日(18日)、(G)I-DLEは3月中旬を目標にニューアルバムの準備に拍車をかけている。メンバーらは本日からミュージックビデオの撮影に取り組んでいるという。

(G)I-DLEは昨年6月に発売した2ndデジタルシングル「Uh-Oh」以来、約9ヶ月ぶりにカムバックすることになった。それだけにメンバーらはアルバム制作の最終段階に入り、昼夜を問わず練習に励んでいるという。

(G)I-DLEはデビューした頃から自主制作アイドルと呼ばれ、アルバム制作に積極的に参加してきただけに、今回もメンバーらの多様な意見が盛り込まれ、完成度の高いアルバムが誕生すると見られる。

(G)I-DLEは昨年、2ndミニアルバム「I MADE」のタイトル曲「Senorita」とデジタルシングル「Uh-Oh」を連続ヒットさせ、世界中のファンから愛された。そして10月に放送終了したMnet「Queendom」で強烈なパフォーマンスとユニークなコンセプトでラウンドごとにレジェンドを作り、好評を博した。また、ファイナルカムバックシングル「LION」で韓国の音楽配信チャートで逆走することはもちろん、米ビルボード・ワールドデジタルソングセールスチャートで4週連続チャートインを記録した。

このような人気に支えられ、(G)I-DLEは今回も代替できない魅力と共に、2020年も大活躍すると見られる。(G)I-DLEは1stワールドツアー「I-LAND:WHO AM I」を控えている中、果たして彼らが新しいアルバムからどのような姿を見せてくれるのか、またどれほど多くのグローバルファンを魅了するのか、期待が高まっている。

記者 : キム・ウネ