Vol.2 ― ASTRO、アイドル同士の交友関係は?「電話番号は自分から…」

KSTYLE |

2月2日(日)に、パシフィコ横浜・国立大ホールにてファン―ティングを開催したASTRO。Kstyleではその翌日にインタビュー取材を敢行し、大躍進だった昨年を振り返ってもらった。彼らのイメージに合わせたユニークな直撃質問も!

【インタビュー&プレゼント】Vol.1 ― ASTRO、ドラえもんからNARUTOまで…メンバーは日本漫画のキャラにそっくり!?

――メンバーの友情に感動したエピソードを教えてください。

ラキ:僕はMJ兄さんが誕生日を祝ってくれたことに感動しました。プレゼントまでは期待していなかったけど、お祝いの言葉くらいはくれるだろうと思っていたら、本当にくれました(笑)。他のメンバーは毎年プレゼントも用意してくれますが、MJ兄さんは、そういうのするタイプじゃないから(笑)。

――チャ・ウヌさんとムンビンさんはお互いのドラマ現場にフードトラックを贈り合っていましたね。

チャ・ウヌ:うれしいですよね。スタッフさんや共演者の方々の前で誇らしいし、ありがたいし、感動しました。

ラキ:じゃあ、次は僕がチヂミを差し入れするよ。行って、僕が焼くから。

MJ:似合いそう(笑)。

ユン・サナ:それなら、僕らも食べに行かないと。僕は去年、成人したのですが、お兄さんたちがお祝いしてくれました。ラキ兄さんは手紙を書いてくれて、ウヌ兄さんはスケジュールが忙しいのに花束とメッセージをくれました。ジンジン兄さんは下着、MJ兄さんはケーキ、ビニ兄さんは香水をプレゼントしてくれました。


運動神経バツグン!?学生時代の記録は

――「アイドル陸上大会(アユクデ)」で毎回大活躍。運動神経がいい皆さんですが、学生時代の輝かしい記録を教えてください。

ラキ:小さい頃は、かけっこでいつも1位だったんです。だから逆に「アユクデ」に出て、こんなに遅かったんだって驚きました。ダンスを始めてから走っていなくて、7~8年ぶりに走ってみたら、走り方を忘れたみたいです。エアロビクスも、この短い脚でメンバーたちの足手まといにならないように一生懸命に頑張りました。

ユン・サナ:ラキ兄さんはテコンドーをやってたじゃない。

ラキ:慶南道代表で、金メダルをとりました。MJ兄さんもあるじゃん。幼稚園の時に、かくし芸大会で……。

MJ:あ~(笑)。僕はかくし芸大会で、いつもAランクだったんですよ。拍手が早くて。

全員:(爆笑)

MJ:僕も小学生の頃、代表に選ばれて陸上大会に出たんですよ。

ユン・サナ:本当に? 初めて聞いた。

MJ:で、実際に走ってみたら、みんなが笑いながら僕を追い越していくんです。まわりがみんなすごく早くて、自分がそんなに遅いって思っていなかったから、衝撃を受けました。それからは走らなくなりました(笑)。

チャ・ウヌ:僕は短距離走にもよく出たし、サッカーやバスケでも何回か学校代表選手として出たことがあって、優勝もしました。

――学校代表で出たら、他校の生徒から黄色い声があがりそうですね。

チャ・ウヌ:そんなことはないですけど、学校対抗戦だから見に来る人は多かったですね。

ユン・サナ:僕も合気道とか、いろんな運動をしてきましたが、走るのはもともと早くて、大会にも出ました。

――ジンジンさんは、いかがですか?

MJ:ジンジンはバスケに出て、服がやぶれました(笑)。

ユン・サナ:別の意味での輝かしい記録です(笑)。

MJ:それを直接見た人が状況を説明してください。

チャ・ウヌ:僕と運動会のバスケットに出たんですけど、小競り合いになって服をやぶかれちゃったんです。僕とジンジンお兄さんは同じ学校出身だから、目撃しました。

ジンジン:気に入っていたユニホームだったのに、残念です。

――年始にメンバーでスキー場に行ったようですが、スノーボードが1番うまいのは?

ユン・サナ:ジンジン兄さんは本当にうまいです。

MJ:ビニもうまいです。ラキとウヌはしてるのを見たことがないから、わからないです。

ラキ:MJ兄さんもうまいんじゃないの?

MJ:僕はスキーだから。おまえたちとは違うんだよ~。

――また、メンバー同士でバスケットや卓球などスポーツ対決をすることがあれば、誰がうまいですか?

ラキ:ビリヤードは僕が一番うまいです。

ジンジン:球技はウヌが一番うまいですね。

MJ:みんな平均的にうまいですね。ビニを除いて。

ラキ:ビニ兄さんは球技がヘタなんです。他は全部うまいのに。


番号は自分から?アイドル同士の交友関係

――交友関係がとても広い皆さん。他のアイドルと仲良くなる秘訣を教えてください。

ラキ:僕はそんなに広くないです。SF9のチャニと、SEVENTEENのディノの2人だけです。同じ時期に活動をして親しくなりました。

ジンジン:活動時期が同じとか、デビュー同期とかで仲良くなることが多いですね。現場で電話番号を交換したりとか。

――自分から電話番号をもらいに行くほうですか?

ジンジン:僕は先に行くほうですね。

ユン・サナ:僕はいかないほうです。

MJ:僕もです。

ラキ:僕は親しくなっても教えないです。

MJ:ラキはひとりで生きていく男なんです(笑)。

ラキ:親しくても、たまに会うから友達なのであって、電話でつながっても友達ってわけじゃないから、そうするんです。

チャ・ウヌ:僕も先には行かないですね。あちらが教えてくれたらです。僕から先に聞くのは失礼な気がして。


各メンバーに直撃質問!

――では、ここからはお一人ずつへの質問をさせてください。まず、ジンジンさんはASTROの相談所と言われていますが、ジンジンさんご自身が相談したり、頼れる相手は?

ジンジン:やっぱり僕にとってのお兄さんはMJ兄さんなので、話をたくさんするようです。曲作りの作業も一緒にするし、一緒に過ごす時間が多いので。あとは、家族にも相談しますね。4つ年上の兄がいるのですが、僕の人生のモットーというべき存在なので、よく相談します。

――悩んだ時はどうやって克服しますか?

ジンジン:自分一人でたくさん考えるほうなので、いろいろと考えて、一番正しいと思う結論を出しますね。メンバーたちとも、たくさん話すほうです。「こういう方法もあるけど、ああいう方法もあるし、どうしたらいいと思う?」って感じで、意見をたくさん聞きます。

――MJさんは、「BLUE FLAME」の活動のためにダイエットをしたそうですが、どんな方法でしたのでしょうか?

MJ:いろいろとダイエット方法を試してみたのですが、僕に一番合っていたのは、1日1食食べて、あとは運動をするという方法です。

――そんなMJさんの努力を見て、「ASTROが日本に来る前にダイエットをする」と宣言していた日本のAROHAもいたようです。ダイエットがくじけそうになったとき、どうすればいいかアドバイスをお願いします。

MJ:今のままでも十分にきれいだから、あまり無理はしないで、いつも朝・昼・晩、1日3食を規則正しく食べて、運動を継続してやれば、自然とダイエットになると思います。頑張ってね!!

――チャ・ウヌさんは、「新米史官ク・ヘリョン」で、MBC演技大賞・優秀賞を受賞されましたが、どんな気持ちでしたか?

ウヌ:意味深い賞なので、とても感謝しましたし、少しずつ責任感も生まれてきました。これからも、よい姿、よい作品でご挨拶したいと皆さんにお約束したいです。

――大先輩がたくさん集まる席でしたが、どんな気持ちでいましたか?

チャ・ウヌ:そうなんです。本当にたくさん震えました。僕の名前を呼ばれた時は、あまりにも緊張してしまって、受賞コメントも何を話したのか覚えていないくらいでした。「僕が一体、この場に見合う話をしているのだろうか?」って疑問に思うくらいに、めちゃくちゃ緊張して、最近で一番緊張した場だったかもしれません。

――その場にいた共演者の方々から、なんと言われましたか?

チャ・ウヌ:「おめでとう」「お疲れ様」って、たくさん声をかけてくださいました。終わってから、監督や先輩方に連絡をしたのですが、皆さんたくさんお祝いとねぎらいの言葉をくださいました。

――ご家族は、いかがでしたか?

チャ・ウヌ:お母さんは、泣きべそをかきながら「本当におめでとう」って言ってました。カカオトークにも長文のメッセージが入っていました(笑)。

――メンバーの皆さんは、チャ・ウヌさんのドラマを見ましたか?

ジンジン:時間がある時は見ますし、ドラマが好きなメンバーは続けて見たりとか……。僕も初回放送は必ず見るようにしています。

――ラキさんは、ジンジンさんから「作詞・作曲をするようになって明るくなった」と言われたそうですが、ご自身はどう思いますか?

ラキ:そうですね。僕もそう思います。僕を表現することができるのはダンスと曲だと思うのですが、曲を作ることでストレスを解消できるので、より明るくなったのではないでしょうか。

――感性が豊かになったとか、景色を見る目が変わったなど、なにか変化はありましたか?

ラキ:特に変化はないですね。自然に感じることや、過去の回想をしながら曲にすることがほとんどで、何かを探して影響を受けようとか、そういうのはないんです。

――思いついたことをメモにとったりするのでしょうか?

ラキ:はい。いいフレーズが浮かびそうだなと思ったら詩を書いて、それをあとで曲を作る時に使ったりしますね。

――ユン・サナさんは「ミュージックバンク」で2000年生まれの“パンパンズ”のAB6IX イ・デフィさん、Stray Kids ヒョンジンさん、Golden Child ボミンさんと “コプチャンジョンゴル”を結成し、GOT7のJust rightをカバーしたことが話題になりました。コラボした感想を聞かせてください。

ユン・サナ:いや~、実はまさかやれるとは思っていませんでした(笑)。仲の良い子たちと一緒にやると聞いた時は、まず「なんだかおもしろそう」って思いました。そして実際に、練習をたくさんしたり、準備をする段階が、すごく楽しかったです。なかなかそのような機会はないので、やれたことがとてもうれしかったです。

――どのようなきっかけで、やることになったのですか?

ユン・サナ:よくわかりませんが、たぶん、番組の制作の方々が、僕らの仲がいいことを知ってらっしゃって、考えてくださったのではないかと思います。

―――皆さん、忙しくて練習するのが大変だったのでは?

ユン・サナ:そうなんです。なかなか顔を合わせるのが難しかったですが、それでも夜はすこし時間が合わせられるので、夜によく集まって練習しましたね。

――“コプチャンジョンゴル”というチーム名の由来と、サナさんが“ジョン”担当になったいきさつを教えてください。

ユン・サナ:初めて一緒に練習した日に、コプチャンジョンゴル(辛味ホルモン鍋)を食べに行ったんです。チーム名を決めないとってなった時に、僕が「コプチャンジョンゴルはどう?」って提案したら、みんなも「いいね~」って賛成して、1人ずつ順番に“コプ”“チャン”“ジョン”“ゴル”と担当を決めました(笑)。

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

ジンジン:今日も、Kstyleとメンバーたちといい思い出を作ることができました。インタビューも盛り上がりましたし、写真もよく撮れたようなので、たくさん見ていただければうれしいです。皆さん、健康にお過ごしください!! 僕たちも頑張ります。

取材:安部裕子 / 撮影:朝岡英輔

記者 : Kstyle編集部