防弾少年団 ジミン、アメリカ版「覆面歌王」からラブコール…ダンスに続き歌唱力にも絶賛の声

OSEN |

写真=「人気歌謡」
防弾少年団 ジミンに、アメリカ版「覆面歌王」がラブコールを送った。

2日(韓国時間)「『ザ・マスクド・シンガー』の新シーズンに出演すべき10人のセレブ」というタイトルの海外報道が出た中、メディアはジョン・トラボルタ、アシュレイ・ティスデイル、ジェイミー・リン・スピアーズ、ブラッドリー・クーパーらと一緒に防弾少年団 ジミンに言及した。

「ザ・マスクド・シンガー」は、MBC「覆面歌王」のアメリカ版である。ニック・キャノンの司会で2019年1月2日に初放送され、シーズン3まで続いている。シーズン3は、アメリカで初放送を控えている。

制作者は「『ザ・マスクド・シンガー』シーズン1をローンチした時、防弾少年団がTwitterやYouTubeでPRしてくれたおかげで、大変たくさんの“いいね”をいただき関心を集めた。この場を借りてもう一度感謝を伝えたい」とコメントした。

これと共に防弾少年団にラブコールを送り、世界中のARMY(防弾少年団のファン)を熱狂させた。このマスコミは「防弾少年団のジミンが出たら素晴らしいと思う。『覆面歌王』にジョングクが出演し、ジミンはパネラーとして出たことはあるが、競演ステージに立ったことはない」とし、ジミンを指名した。

続いて「『ザ・マスクド・シンガー』に防弾少年団の出演説が出回った。ついに彼らの中で一人がマスクをかぶる時が来たようだ。ジミンは歌唱力が優れており、ボーカルが柔らかい。防弾少年団が世界で最も人気のあるグループであり、出演が容易ではないと思うが、絶対にないとは言わないでほしい」と強調し、注目を集めた。

ジミンはボーカルだけでなく、パフォーマンス的にも最近、全世界から照明を受けている。防弾少年団は、先月アメリカCBSの人気深夜トークショー「The Late Late Show with James Corden(レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン)」でステージを初公開し、パフォーマンスが話題を集めた。

ジミンは柔らかく優雅な身振りでブラックスワンの羽ばたきを完璧に再現し、蠱惑的なセクシーさで魅力をアピールした。メンバーの中で、唯一現代舞踊を専攻したため彼のパフォーマンスはより一層際立った。おかげでジミンは、アメリカの地上波放送後にリアルタイムトレンドを獲得し、100万以上のトレンド言及量を記録して、数十ヶ国のトレンドを席巻した。

「ジミンは重力がないようにダンスを踊る」「ジミンは、体の奏者であり、彼は足取りで感情を引き出す」「誰も真似できない芸術作品だ」「本当に驚異的だ」などの熱い反応が相次いだ。21日、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL:7」のカムバックを控えて、ジミンのグローバルな存在感が高まっている。

記者 : パク・ソヨン