防弾少年団、元プロバスケットボール選手コービー・ブライアントさんを追悼「熱烈なファンだった」

Newsen |

写真=防弾少年団 公式Twitter
防弾少年団が、米プロバスケットボールNBAの元スター選手コービー・ブライアントさんを追悼した。

防弾少年団は26日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのステープルズセンターで開かれた「第62回 グラミー賞」のレッドカーペットに登場し、インタビューを行った。

防弾少年団は、米メディアからのインタビューの中で、NBCからコービー・ブライアントさんに関する質問を受けた。

リーダーのRMは、NBCリポーターの英語でのインタビューで「深い悲しみを感じる。彼の家族を慰めてあげたいし、深く敬意を表する」とし「僕たちは彼のファンだった。世界の人々が彼のことを覚えているだろう」と語った。コービー・ブライアントさんの熱烈なファンだったかという質問に「熱烈なファンだった」と答えた。

コービー・ブライアントは「グラミー賞」開催当日、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルス近郊でヘリコプター墜落事故により死去した。

突然の訃報にNBAのスターらだけでなく、各界から追悼が続いている。

「グラミー賞」でホストを務めた歌手アリシア・キーズも「グラミー賞」本ステージのオープニングで「今日はとても悲しい。アメリカやロサンゼルス、全世界が英雄の一人を失った。本当に胸がつぶれそう。コービー・ブライアントが私たちの心の中に、私たちの祈りの中に一緒にいると思う」と述べた。

続けて「皆さん、しばらく彼を心の中で想ってほしい。そして私たちと支持する力を彼らの家族と一緒に合わせてほしい。私たちがこのショーをこのように始めることになるなんて想像もしなかった。私たちがどのように感じているかを少しでも説明したい」と付け加えた。

ピアノの前に座って演奏を始めたアリシア・キーズは「コービーも音楽が大好きだった。彼を追悼しよう。私たちがエネルギーを高め続けることを願っているだろう」とし「音楽という言語を使ったアーティストたちを追悼したい」とコービー・ブライアントさんを哀悼した。

防弾少年団、ライブ配信で「グラミー賞」の感想を語る“来年は単独ステージを披露したい”(動画あり)

ダニエル・ヘニーからiKONのBOBBYまで…元プロバスケットボール選手コービー・ブライアントさんの突然の訃報に韓国からも追悼の声

記者 : ファン・ヘジン