防弾少年団 ジョングク&Vも夢中!?ペンス、ゴールデンディスクアワードのビハインド映像を公開…夢のような時間に「頭の中が真っ白」(動画あり)

Newsen |

写真=「Giant Peng TV」
ペンスが自身のロールモデルである防弾少年団に会った。

1月22日、YouTubeチャンネル「Giant Peng TV」では、5日に開かれた「第34回ゴールデンディスクアワード」アルバム部門授賞式のビハインド映像が掲載された。当時、ペンスは「ベストOST部門」授賞者として参加した。

現場に到着したペンスは、スタッフたちの案内にしたがって、授賞の動線を練習し、シンプルな黒のタキシードとヘアピンでおしゃれしてステージに上がった。無事に授賞を終えたペンスは、ステージの左に席を移して「ここに来ると言われた時、本当にドキドキして眠れませんでした。その理由は、防弾少年団先輩たちです」とし、防弾少年団をステージに呼んだ。

自身が韓国に来た理由で目標であると言ってきた防弾少年団との出会いに、ペンスはドキドキしている様子だったが、「IDOL」と「Boy With Luv」のダンスを披露し、防弾少年団のメンバーたちはペンスの可愛らしい魅力に大きな笑顔を見せた。

無事に準備したイベントを終えてステージから降りてきたペンスは、緊張が解けその場に座り込んだ。スタッフたちに支えられて楽屋に到着したペンスは、まず先に来て待っていた防弾少年団のVとジョングクに会った。

ジョングクは「ペンスさん、ペンハ(ペンスの挨拶方法)。先程は挨拶できなかったので……」とし、握手を求めた。また、ジョングクは一緒に写真を撮りながら「芸能人の芸能人だ」と感心し、Vも「手を握って(写真を)撮っても良い?」と関心を表した。これに対してペンスは「本当に心臓が飛び出そう」と感激した。

ジョングクは、ペンスのシグネチャーポーズまで一緒にやろうと提案してファン心を表し、ペンスは感謝の意味で2人にペンスグッズをプレゼントした。楽屋を離れる瞬間まで応援を送ったジョングクとVの姿にペンスは「本当に今すごく幸せで、頭の中が真っ白だ。幸せな新年になった」として喜んだ。

記者 : イ・ハナ