防弾少年団、3年連続で「韓国大衆音楽賞」にノミネート…ペク・イェリン&LIM KIMらも候補に

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
防弾少年団が3年連続で韓国大衆音楽賞の候補となり、再び受賞の栄誉を狙う。

本日(22日)午前11時、韓国大衆音楽賞事務局はソウル中(チュン)区韓国言論振興財団で記者会見を開催し、分野別候補を発表した。防弾少年団は「今年の歌」「今年のミュージシャン」「最優秀ポップ(歌)部門」の候補となった。

3年連続で韓国大衆音楽賞の候補となった防弾少年団は、昨年「FAKE LOVE」で最優秀ポップ(歌)部門を受賞した。今年も「Boy With Luv」で栄誉を手にすることができるか期待が集まっている。

トゥゲウォルのキム・イェリムとして活動したLIM KIM、Jannabi、ペク・イェリンも防弾少年団とともに多数部門にノミネートされた。その中でも比較的マイナージャンルの音楽を届けているLIM KIMが注目を浴びた。

パク・ヒア選定委員はLIM KIMについて「プロデュース、パフォーマンス、音楽のメッセージなど多方面で完成度が高い」と評価し、チョン・ミンジェ選定委員も「トゥゲウォル時代とは明確に異なる、自身だけの音楽をしている」と評価した。

最優秀ポップ(レコード/歌)部門では、女性アーティストの躍進が目立った。ペク・イェリン、OOHYO、少女時代 テヨンが最優秀ポップ(レコード)部門の候補となり、ITZY、(G)I-DLE、ペク・イェリンが最優秀ポップ(歌)部門の候補となって候補の半分以上が女性アーティストだった。パク・ヒア選定委員は「女性アーティストへの視線が変わるきっかけになるのでは」と期待を示した。

「第17回韓国大衆音楽賞」は2月27日午後7時に九老(クロ)アートバレー芸術劇場で開催される。授賞は3分野、24部門に分けて行われる。

総合分野は今年のレコード、今年の歌、今年のミュージシャン、今年の新人の4部門で用意されている。

ジャンル分野は最優秀ロック(レコード/歌)、最優秀モダンロック(レコード/歌)、最優秀メタル&ハードコア(レコード/歌)、最優秀ポップ(レコード/歌)、最優秀ダンス&エレクトロニク(レコード/歌)、最優秀ラップ&ヒップホップ(レコード/歌)、最優秀R&B&ソウル(レコード/歌)、最優秀フォーク(レコード/歌)、最優秀ジャズ&クロスオーバー(ジャズレコード/クロスオーバーレコード/最優秀演奏)の18部門で構成されている。

特別分野は選定委員会特別賞と功労賞の2部門だ。功労賞は歌手キム・スチョルが受賞する。キム・チャンナム選定委員長は、キム・スチョルについて「1970年代後半から約40年に渡って多彩な音楽的成果を挙げ、後輩ミュージシャンに影響を与えた」と評価した。

各候補の詳細は22日正午から韓国大衆音楽賞のホームページで確認することができる。

記者 : キム・ミンジ、写真 : キム・ジェチャン