防弾少年団、先行公開曲「Black Swan」が93ヶ国のiTunesチャートで1位に…K-POP史上最多記録

TVREPORT |

写真=Big Hitエンターテインメント
防弾少年団が大々的なカムバックに先立ち、先行公開曲「Black Swan」でiTunesチャートを総なめにした。

17日に公開された防弾少年団の「Black Swan」は18日(午前9時までの基準)の公開直後、アメリカ、カナダ、イギリス、ロシア、フランス、ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、メキシコ、サウジアラビア、インドなど世界93ヶ国および地域のiTunesのトップソングチャートで1位を記録した。これはK-POP史上最多の国で1位を獲得したことになる。

先立って防弾少年団は、4thフルアルバム「MAP OF THE SOUL : 7」発売前に先行公開曲とアートフィルムを予告し、世界ファンの注目を集めた。いよいよベールを脱いだ「Black Swan」はクラウドラップ、エモヒップホップジャンルの曲で、トラップドラムビートと切ないローファイ(Lo-fi、Low fidelity)、ギターの旋律、キャッチしたフック(hook)が調和し、夢幻的な雰囲気を醸し出す。

「Black Swan」は、世界的なスーパースターに成長した防弾少年団が、アーティストとしての告白を歌詞を通じて伝えている。自身の深い内面に入って、アーティストとして隠しておいた影に向き合う防弾少年団の正直な告白は、聴き手に深い響きと感動を与える。

防弾少年団はこの日、スロベニアの現代舞踊チームであるMN Dance Companyとのコラボレーションを通じて「Art Film performed by MN Dance Company」も披露した。アートフィルムも感覚的な振り付けでTwitterの世界トレンドにあがり、関心を集めている。

防弾少年団は28日(現地時間)、米CBSの人気深夜トークショーである「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」に出演し、「Black Swan」のステージを初公開する。

記者 : キム・スジョン