イ・ドンウク「トッケビ」の死神キャラがヒットも…CMオファーをすべて断った理由とは?

Newsen |

イ・ドンウクが「トッケビ~君がくれた愛しい日々~」の死神役としてオファーを受けたCMを断ったと明らかにした。

最近、韓国で放送されたSBS「イ・ドンウクはトークががしたくて」第6話には、女優キム・ソヒョンが出演した。

この日の放送で、女優キム・ソヒョンは「SKYキャッスル」のキム・ジュヨンのキャラクターでオファーを受けたCMについて、「キャラクターをダメにすると思って断った」と明らかにした。これに、チャン・ドヨンは「恥ずかしいお話ですが、お笑い芸人は流行語を作る時に、CMの依頼が入るかどうかから考える」とし、流行語のおかげでCMのオファーをもらって嬉しかった経験を打ち明けた。

イ・ドンウクは、キム・ソヒョンの話に共感し「お笑い芸人さんは、自身たちの純粋な創作だが、俳優は監督、作家、同僚俳優たちと一緒に作るキャラクターだ。『トッケビ』が終わって、私もそういう事があった。死神の服装でCMを撮ろうと言われたけれど、全部断った。5~6本は超える」と話した。

イ・ドンウクは「そのようにキャラクターが消費されてほしくなかったし、俳優たちと監督、作家に対するマナーでもないと思った。どんな気持ちか、分かるような気がする」と話した。

イ・ドンウク、トークショー番組のビハインドカット公開…抜群のビジュアル

god パク・チュニョン、バラエティ「ルームメイト」で共演…イ・ドンウク&少女時代 サニーらとの集合ショットを公開

記者 : ユ・ギョンサン