キム・ソナ&チャン・ミヒら出演ドラマ「シークレット・ブティック」自己最高視聴率6%を記録し放送終了

Newsen |

「シークレット・ブティック」が自己最高視聴率で放送を終了した。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、11月28日に韓国で放送されたSBS水木ドラマ「シークレット・ブティック」第16話は、全国基準視聴率5.5%、6%を記録した。「シークレット・ブティック」が6%台の視聴率を記録したのは今回が初めてだ。

同時間帯1位はKBS 2TV「椿咲く頃」のスペシャル放送が獲得した。この放送は、1&2部が6.6%、7.6%をそれぞれ記録して、冷めない人気を証明した。

午後9時に放送されたMBC水木ドラマ「瑕疵ある人間たち」第3&4話は、2.2%、3%をそれぞれ記録した。

記者 : イ・ミンジ