「平日午後3時の恋人」イ・サンヨプ“結婚に対する考えが変わった…ありのままの自分でいられる人と出会いたい”

Newsen |

俳優イ・サンヨプが結婚に対する考えを明かした。

イ・サンヨプはチャンネルA金土ドラマ「平日午後3時の恋人」で、フリースクールの生物教師ユン・ジョンウを務めた。本格恋愛演技に挑戦したイ・サンヨプは、ソン・ジウン(パク・ハソン)とのタブー視された恋愛をするユン・ジョンウ役を完璧に演じて好評を得た。

イ・サンヨプとパク・ハソンは最終話を迎えて、熱血視聴者と一緒に団体観覧もした。イ・サンヨプは最近、ソウル市江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)のカフェで行われたNewsenとの取材で、「コミュニティの反応を見て本当に感謝しました。それで僕から団体観覧の提案して、僕とパク・ハソンさんとが半分ずつ費用を出して開くことになりました。本当に胸がいっぱいでした。このドラマを愛してくださる方々が前にいて、何度もこみ上げてきました。ハソンさんと『僕たち泣かないことにしよう』と言ってたんですけど、彼女は本当に凛々しいです。僕は何度もこみ上げてきて恥ずかしかったです」と当時を振り返った。

未婚である彼が不倫の演技をするというのは簡単な選択ではなかったはず。イ・サンヨプは「少年らしさは排除した大人の恋愛演技をしてみたいと思いました。今までコミカルな要素が入った作品をたくさんやってきたので、最初から最後まで真剣な役をしてみたかったです。その中で最も目に止まった作品です。手に負えないかもしれないとも思ったんですけど、やってみたかったです。だからやることにしました」と出演のきっかけを明かした。

周りの心配はなかっただろうか。イ・サンヨプは「最終話が放送されるまで心配をしていました。監督も心配していたんですけど、だからもっとたくさん話しました。周りにもたくさん聞いてみました。実は周りの方々はいつも僕のことを心配しています。母が台本も一緒に見ながらたくさん応援してくれました」と話した。また、彼は「おばさまたちの間で爆発的な人気を博している」という言葉に「ポータルサイトのコメントを見たら、40代以上が多かったです。不思議でした。この方々の共感を得たというのが本当に不思議でした」と笑った。

「平日午後3時の恋人」を撮影しながら結婚に対する考えも変わったという。イ・サンヨプは「結婚が本当にしたい時がありました。最近は何も考えなくなっていた時だったんですけど、そんな時にこの作品に出会えて、むしろよかったと思っています。考えが大きく変わりました。昔とは違って、完全な自分として愛して、愛してあげることができる人に会いたいと思っています。かつては相手に合わせていたので、後では相手に合わせた姿が自分になっていました。それは自分じゃないのに、相手に合わせた姿が自分だと思うようになりました。だから恋愛をしながら大変だった時もありました」と率直に明かした。

また「もう自分として恋をしたいです。『サンヨプはこうだ』と言われた時、自分でも認めることができる、自分として恋をして結婚をしたいです。この作品をしながら一番多く歌った歌は、コーヒー少年の「結婚できるかな」です。実は僕を除いて、他の方々は全員結婚しています。作品をしながら結婚についてたくさん聞きました」と付け加えた。

また、イ・サンヨプは「この作品をしながらたくさん会話ができる相手に会うことが重要だと思いました。『たくさん会話をしていたら、あのようになったんだろうか?』と思いました。最も重要な問題です。僕は少し気楽(な関係)になれば、何でも言うタイプです。受け止めてもらえる人に会いたいとも思うようになりました」と話した。

「平日午後3時の恋人」は、タブー視された愛のために過酷な熱病を患う大人の成長ドラマだ。

記者 : キム・ミョンミ