「初対面で愛します」元RAINBOW ジェギョン&ク・ジャソン、胸をときめかせる恋愛模様…予告映像に注目

Newsen |

写真=SBS
元RAINBOWのジェギョンとク・ジャソンが愉快な恋愛模様を披露する。

5月6日に韓国で放送がスタートするSBS新月火ドラマ「初対面で愛します」(脚本:キム・アジョン、演出:イ・グァンヨン、制作:Beyond J)でジェギョン(ベロニカ・パク役)とク・ジャソン(キ・テジュ役)がすらりとしたビジュアルカップルの誕生を予告し、注目を集めている。

ジェギョンが演じるベロニカ・パクは、パークグループの令嬢で、仕事ではプロらしい姿をを見せるが、恋愛ではホダン(しっかりしているように見えるが、どこか抜けている人)らしい姿を見せる予定だ。離れて行く男は引き止めず、接近してくる男も止めないという信念を持っているが、まともな相手に恵まれず、毎日母のパク・ソクジャ(ペク・ヒョンジュ)にお見合いを強要させられる。しかし、偶然会った平凡なキ・テジュに惹かれ、あらゆる恋愛スキルを総動員するなど、傍若無人な令嬢のストレートな姿を見せると見られる。

ク・ジャソンが演じるキ・テジュは皆に優しいが、秘密が多く本音が分からない人物。そんな彼が突然現れたベロニカ・パクの積極的なアピールに動揺し、本人の本音を話すのだろうか。2人の予測できない恋愛模様が好奇心を刺激する。

4月26日に公開された「初対面で愛します」の予告映像第9弾でも、映画界で相次いでヒット作を作り出すベロニカ・パクと“鉄壁男”キ・テジュの胸ときめく恋愛模様が登場し、視線を奪った。キ・テジュはベロニカ・パクに「その告白をしましたか。思ったより僕は悪いやつ」とし、本人の本性を暗示し、ベロニカは「その告白はできませんでした。私が悪いやつを捕まえる狂ったX(女)」と言い返すなどコミカルなシーンを演出し、2人の恋愛模様への期待を高めた。

記者 : キム・ミョンミ