“妊娠騒動”ジョンフンの元恋人、約定金の請求に関連した告訴を取り下げ

TVREPORT |

写真=TVレポート DB
俳優ジョンフンの元恋人が、ジョンフンを相手におこした約定金請求訴訟の取り下げを決めた。

本日(22日)、スターニュースは「法曹界によると今月13日、ジョンフンの元恋人がジョンフンを相手にした約定金請求訴訟に対する告訴の取り下げ書を提出した」と報道した。

これに先立ち、今年2月にジョンフンは交際していた女性Aさんによって告訴された。Aさんは、ソウル中央地方裁判所に約定金請求の訴訟を申し立てていた。それは、ジョンフンがAさんに出してあげることにしていたという賃貸借保証金の残金を請求する内容だった。Aさんは「私が妊娠していることを知ると、ジョンフンが妊娠中絶を勧めたりもした」と暴露した。

当時、ジョンフンの所属事務所側は議論が起きてから3日ぶりに「ジョンフンと所属事務所Creative光は、今後この件が円満に解決されるように最善の努力を尽くす。反対に今回のことと関連して、虚位の事実があると判断される場合、すべての法的対応をする」と立場を伝えた。

騒動が起こった時、ジョンフンはTV朝鮮の恋愛バラエティ「恋愛の味」に出演中であった。そのため「恋愛の味」の制作陣は「事前インタビュー当時、ジョンフンが『恋愛は2年していない』と強調していて、、恋愛に対する意思を見せていたのでその言葉を信じていた」と明かして、困惑した様子も見せていた。

記者 : キム・プルイプ