NCT ルーカス&ジョンウ&クン「全員でもっと成長していきたい」

@STYLE |

世界観を拡大させながらどんな組み合わせでも活動できるNCT。2018年、18人の少年たちが集まって「NCT 2018」という大型プロジェクトをスタートさせた。その中で新しくデビューしたルーカス、ジョンウ、クンは初々しさと純粋さで自身たちの魅力を積極的にアピールした。正式デビュー前にプレデビューチームと呼ばれていた“SMルーキーズ”で印象を残し、デビューを待ち望んでいたファンの前に「NCT 2018 EMPATHY」というアルバムを引っさげて登場し、ファンを魅了した。気をつけたほうがいい。実力、運、顔すべてを揃えた3人の少年たちがお姉さんたちの心臓を鷲掴みにする。

――「NCT 2018 EMPATHY」の活動が終わりましたね。

ルーカス:個人活動が増えて、充実した時間を過ごしています。

クン:個人練習もたくさんしているし、歌やダンスも一生懸命に練習しています。ルーカス、ウィンウィンと3人で中国にも行ってきました。

ジョンウ:個人練習をたくさんしています。ダンスや歌だけではなく、様々な音楽的な作業もしてみたいと思っています。

――今年上半期の活動を通じて、色々と勉強になったことはありますか?

ルーカス:今回の活動でハンサムなルックスの恩恵を受けました(笑)。ファンもすごくたくさんできました。次のカムバックのときに、どうすればもっと良い姿を披露できるか、どうすれば期待に応えることができるか不安もあります。

クン:今回の活動ではあまり緊張しなくて、良かったと思っています。緊張より楽しさのほうが大きかったです。また、メンバーが多くて元気をもらえたので、もっと楽しく活動することができました。

ジョンウ:今回の活動を通じてたくさんのことを感じて学びました。やっと始めた段階なので、これからどんな部分をもっと練習すべきか、またダンスや歌、ジェスチャーなども勉強できる時間でした。

――「NCT 2018 EMPATHY」アルバム収録曲の中で、1番好きな曲は何ですか?

ルーカス:僕は当然「BOSS」です。デビュー曲ですから。

クン:僕は「Without You」の中国語バージョンです。自分の歌声が聴けるのが嬉しいです(笑)。「Black On Black」もメンバー全員が一緒に歌った曲なので好きです。

ジョンウ:「BOSS」と「Black On Black」が好きです。「BOSS」はデビュー曲だからで、「Black On Black」は18人全員揃って、素敵なステージを見せることができるので好きです。

――皆さんが歌手を夢見るようになった理由は何ですか?

ルーカス:母親がRAIN(ピ)先輩のファンでした。母親に好かれる素敵な人になりたくて、幼い頃から歌手を夢みました。

クン:子供の頃から音楽が大好きでした。ジョウ・ジエルン(周杰倫)が好きで、高校時代から作詞・作曲もしていました。また、EXO先輩のステージを見てカッコいいと思って、韓国で歌手をしたいと思いました。

ジョンウ:小学生の時に偶然音楽番組を見てダンスに興味を持って、レッスンをしながら歌手になりたいと思いました。それでオーディションを受けました。

――デビューして活動しているのを見て、家族や周りの方たちの反応はどうですか?

ルーカス:友達と両親みんな喜んでくれて、応援もたくさんしてくれました。ずっとこのままいけば、成功できると背中を押してくれました。両親は好きなことに反対しませんでした。ただ歌手になっていなかったら消防士になったと思います。体も丈夫だし、身長も高いので、消防士という職業にぴったりだと思いますし、また子供の頃の夢でもあります。

クン:みんな応援してくれました。オーディションに合格して韓国に急に来ることになった時、反対されませんでした。オーディション合格の連絡を受けて韓国に行く1週間前に両親に話したんですが、僕がオーディションを受けていることを知りませんでした。韓国に行かなきゃならないと言ったらすごく驚きました。

ルーカス:オーディション合格の連絡を受けて、すぐ明日韓国に行かなきゃならないと言ったので、母親が本当に驚きました。

ジョンウ:両親が積極的に支えてくれました。また、本当に頑張らなければならないといつも言ってくれました。

――ルーカスさんは、ハンサムなルックスで3つのポーズだけで事務所のオーディションに合格したそうですね。ハンサムな顔の中でも1番自信のある部分はどこですか?

ルーカス:母親に似た目に1番自信があります。僕の母親は目が本当に綺麗です。

――クンさんとルーカスさんは韓国語を学んでどれくらいになりますか? メンバーたちがサポートしてくれましたか?

ルーカス:2年半ほどになります。まだ韓国語が難しいです。一生懸命勉強しています。

クン:僕は3年間勉強しました。勉強して半年くらいになったら、少し聞き取れるようになって、1年経ってからはゆっくりと話すことができました。

ルーカス:ジョンウ兄さんがたくさん助けてくれました。ミスしたら直してくれます。

クン:ルーカス語があります。

ルーカス:僕が話す時に魅力的過ぎて、メンバーたちがいつも真似します。

クン:「me、ファイトしなきゃ」「meも分かりません」とか、そういうふうに話すので、かわいくてメンバーたちが真似して言います。

――クンさんが1番最初に覚えた韓国語は何でしたか

クン:JTBC「知ってるお兄さん」でルーカスが話しましたが、SMにいる外国人は全部同じだと思います。「もしもし、こちらSMですけど」です。

ルーカス:韓国語で練習しなければならないので、電話で出前を頼む時に、外国の人が注文したりします。

――18人で一緒に活動していたのが、個人またはユニットで活動することになると、他のメンバーの存在を大きく感じるんじゃないですか?

ルーカス:グループのチャットルームがあるので、いつも一緒にいる気分です。

クン:そうそう。リアルタイムキーワードに誰か上がると、グループチャットルームに上げて、褒めてあげます。

ジョンウ:お互いにちゃんと気を配っているので、寂しく感じる暇がありません。

ルーカス:たまに一緒に集まって練習をしているので、特に寂しく感じたりはしません。MBC「本物の男300」の撮影に行った時もメンバーたちが頑張れと言ってくれました。「知ってるお兄さん」に出演した時も楽しく観たと言ってくれました。

――音楽の他に最近ハマっているものはありますか?

ジョンウ:最近、運動にハマっています。ボディウェイトだけではなくて、サッカーやバスケットのようなスポーツも好きです。試合も見て、機会があれば外に出て運動もします。

ルーカス:運動をたくさんしています。最近は背中の筋肉を綺麗に作りたくて一生懸命にやっています。

クン:僕は旅行に行きたくて、旅行の映像をたくさん見ます。

――ルーカスさんは最近バラエティ番組で話題ですが、韓国語がまだ完璧ではないみたいですね。バラエティ番組に出演するのが難しくはなかったんですか?

ルーカス:韓国語がまだ不十分なので悩んでいます。放送をする時にもっと話したいんですけど、韓国語で表現するのがすごく難しく感じています。ファンの皆さんに僕のことをたくさん知ってもらいたいのに、限界があって残念です。最近韓国語を一生懸命に勉強しています。

ジョンウ:僕は今のルーカスの韓国語の実力がちょうどいいと思います。ハハ。

ルーカス:韓国語が下手なので、単語を間違えてもかわいくみてもらえると思います。

――宿舎で生活していますが、メンバーの皆さんの生活の特徴も教えてください。

ジョンウ:整理整頓が上手なほうなので、宿舎に行けば片付けからします。帰ってすぐに服を畳んで、シャワーを浴びて、ご飯を食べて、映画を観て、寝る、そのように生活しています。

ルーカス:引っ越すことになれば、ジョンウ兄さんは5分で荷物を片付けられると思います。軍人みたいです。ハハ。

クン:ジョンウとは反対で、ルーカスはたくさん寝ます。

――当たり前のことかもしれませんが、メンバー同士仲が良さそうですね。

ジョンウ:ルーカスのような弟がほしいです。

ルーカス:性格が本当に違って、それがまた面白いです。

クン:長い間一緒に暮らしたら、お互いが習慣になりました。

ルーカス:そうそう。本当に家族みたいです。

――活動しながらエネルギーが切れる時、どこから力を得ますか?

ルーカス:家族から力を得ます。練習生の時も大変な時に家族を思うと元気が出ました。

クン:僕もそうです。家族から力を得ています。

ジョンウ:そうです。家族やメンバーたちから力を得ています。

――それぞれ自身の魅力をアピールしてください。ファンが分からないような隠された魅力が気になります。

ルーカス:僕は意外と静かで考え事をたくさんします。

ジョンウ:そうです。思っていたより寡黙なタイプです。

ルーカス:いつも幸せな姿をお見せしたいんですけど、たまには静かな時もあります。

クン:僕はカメラの前では弟たちが多いから、しっかりとした姿を見せようとします。しかし、宿舎ではお茶目で面白いです。

ルーカス:ジョンウ兄さんは本当にかわいい。たぶんファンは分からないと思います。見た目はすごくカッコいいじゃないですか。しかし、実は本当にかわいいんです。何でも助けてあげたくなります。

クン:ジョンウは愛嬌たっぷりです。僕に料理を作ってほしいと言う時も愛嬌を振りまきます。

ジョンウ:少し変わっているのも僕の隠された魅力です。

――一風変わっているのが魅力であるジョンウさん。“スムジント(隠された本物の変人)”というあだ名を持っていますが、ギャップのあるあだ名の他にも気に入っているあだ名はありますか?

ジョンウ:イオン飲料? 綺麗で透き通った人になりたいです。僕は清純という言葉が好きです。

――メンバーたちの中で、この組み合わせで活動したいと思ったことはありますか?

ジョンウ:3人で活動しても楽しいと思います。ファンの皆さんが僕たち3人を“ラッキー・スリー・ピープル”と呼んでいます。3人で一緒に練習した時間も長くて、この3人で活動するとシナジー(相乗効果)が爆発すると思います。

ルーカス:長い時間を一緒に過ごしたので、言わなくても全部分かります、お互いに。

――これからどんな姿を見せていきたいか教えてください。

ジョンウ:3人だけではなく、NCT全員でみんなちゃんと成長していきたいです。ファンの方々に良い姿を披露できるようにがんばります。

ルーカス:僕はまだ幼いので、ファンの皆さんと一緒にちゃんと成長していきたいです。いつもカッコよくありたいです。

クン:NCTが一緒に挨拶する時、「To The World」と言います。僕たちの挨拶のように、NCTのメンバー全員が世界中でカッコよく活動する姿を披露します。

記者 : パク・スンヒョン