SM&YG&JYPらが新たに「韓国版VEVO」設立…全7社の代表が調印式に出席

OSEN |

K-POPミュージックビデオのコンテンツをグローバル・プラットフォームに統合流通・管理する専門会社である“韓国版VEVO”が設立される。

韓国の代表的なエンターテインメント会社7社(MYSTICエンターテインメント、Big Hitエンターテインメント、スター帝国、SMエンターテインメント、FNCエンターテインメント、YG ENTERTAINMENT、JYPエンターテインメント)は7月19日午後2時、ソウル・パークハイアットホテルで仮称「ミュージック&クリエイティブ・パートナーズ・アジア株式会社(以下、MCPA株式会社)」設立のための調印式を開催した。

MCPA株式会社は、今後YouTubeをはじめ、グローバルデジタルサービスプラットフォームのミュージックビデオの流通供給とこれに関するポリシーを決定して交渉する代表窓口の役割を果たし、さらにミュージックビデオのコンテンツを流通する新しいプラットフォームサービスも提供する予定だ。また、ミュージックビデオだけではなく、関連IPを活用した新規コンテンツの製作・供給のための放送プラットフォーム確保など、さまざまな事業拡大方法を継続的に議論していく予定だ。

特にMCPA株式会社は、グローバル音楽業界で重要なトレンドになっているK-POPのミュージックビデオや関連映像に対する統合的な流通窓口として、発展的な新規事業モデルの創出はもちろん、韓国の音楽コンテンツとアーティストのグローバル競争力向上のために設立され、今後アジアを代表する会社として成長させていく計画である。

今回のMCPA株式会社設立の調印式には、MYSTICのチョン・ヨンチョル代表取締役、Big Hitのユン・ソクジュンCBO、スター帝国のイ・スンジュ代表取締役、SMのハン・セミン代表取締役、FNCのキム・ユシク専務、YGのチェ・ソンジュン専務、JYPのピョン・サンボン副社長など、7社の代表が出席した。

VEVOは、2009年にグローバル音楽流通会社のUniversal Music Group、Sonny Music Entertainment、Warner Music Group、EMIの親会社のAbu Dhabi Mediaなど、アメリカの大型アルバム会社とGoogleの持株会社であるAlphabetが設立したジョイントベンチャーだ。

VEVOはYouTubeにUniversal Music、Sonny Music、Warner MusicのMVを供給し、有名ミュージシャンのコンテンツをリアルタイムで生中継するか、スポンサーシップ契約を結んでコンサートを開催するなど、さまざまな事業を通じて収益を創出しており、VEVOのコンテンツはYouTubeでのみ視聴することができる。

アメリカにおいてVEVOは、代表的なミュージックビデオケーブルチャンネルであるMTVの強力な競争者して評価されるほど影響力が大きく、ブランド価値が高く評価されており、YouTubeのVEVOブランド(VEVO-Branded)チャンネルの広告収入は一般広告収益に対して、7~8倍も高く策定されているという。

記者 : キム・ウネ