チェ・ミョンギル&ワン・ビンナ&パク・ハナ主演「人形の家」KBS Worldにて日本初放送決定!

KSTYLE |

©KBS
最新ドロドロ愛憎劇「人形の家(原題)」が5月19日(土)より日本初放送されることが決定した。

秘密を抱える財閥一家の執事ヨンスク役を演じるのは「あなたは贈りもの」のチェ・ミョンギル。また、ヨンスクの娘で家族のために働くセヨン役を「凍える華」で悪女を演じたパク・ハナが、さらにセヨンと衝突する傲慢なショッピング中毒の財閥3世ギョンヘ役を演じるのは、「漆黒の四重奏<カルテット>」で悪女を演じたワン・ビンナ。ドロドロ愛憎劇で迫真の演技をみせた女優3人が集まった。

さらに復讐を企むギョンヘの夫ミョンファン役に「美女の誕生」のハン・サンジン、秘密の多い財閥の秘書 ジェジュン役には「恋の花が咲きました」イ・ウニョンが出演。2人の男が隠し持つ野望と思惑からも目が離せない。

華やかに見えるファッション財閥一家の騙し合い、欲望から始まる入れ違った運命、そして隠された秘密。復讐による殺気立った関係、愛によって繋がれた悪縁など、様々な事情と恨みが絡み合う人間の黒い部分を描く衝撃作「人形の家(原題)」に乞うご期待!

■放送情報
「人形の家(原題)」
2018年5月19日(土)スタート

本放送【土・日】23:00~深夜00:15(2話連続放送)
再放送【火】14:50~17:30(4話連続放送)

2018年 / 全100話(予定)

【ストーリー】
ファッション財閥の家で執事として働くヨンスク(チェ・ミョンギル)、高級ブランド店で働く真面目なヨンスクの娘セヨン(パク・ハナ)、傲慢なショッピング中毒の財閥3世ギョンヘ(ワン・ビンナ)の悪縁によって繋がれた3人を中心に繰り広げられる愛、野望、復讐そして秘密が渦巻く愛憎劇。

■関連サイト
KBS公式ホームページ:http://www.kbsworld.ne.jp/

記者 : Kstyle編集部