“元生徒会長”ASTRO チャ・ウヌ「歌手デビューで裁判官の夢を諦めた」

TVREPORT |

写真=ファンタジオミュージック
ボーイズグループASTROのメンバーチャ・ウヌが歌手デビューで裁判官の夢を諦めたと明かした。

ASTROの所属事務所は18日、「チャ・ウヌは中学3年生の時の学園祭で人生の進路が変わった。スリ中学在学当時、チャ・ウヌは生徒会長を務め、全校3位に入る成績だった」と伝えた。

当時、チャ・ウヌはソウル大学に進学して裁判官になりたいという夢があった。しかし、3年生の2学期に行われた学園祭で学校を訪れた現所属事務所のマネージャーが、チャ・ウヌのスター性に気づき、スカウトしたのだ。

所属事務所の関係者は「最初の説得に失敗した事務所は、両親との面談を通じてしつこく説得した。その結果、チャ・ウヌはボーイズグループ練習生の道を歩むことになった」と説明した。

今年2月にデビューしたチャ・ウヌは、中国のドラマ制作会社である華策グループで制作される新ドラマの主人公に抜擢された。

記者 : キム・イェナ