Red Velvet ウェンディ&Eric Nam、4日にデュエット曲「Spring Love」を発売

OSEN |

写真=SMエンターテインメント
SMエンターテインメント(以下、SM)のデジタル音楽配信チャンネル「STATION」の4番目のバッターがベールを脱いだ。

「STATION」の4番目のバッターは多才なエンタテイナーEric Namと売れっ子ガールズグループRed Velvetのウェンディ(SM所属)で、4日0時(本日夜12時)、MelOn、genie、NAVER MUSICなど各種音楽配信サイトを通じて二人が一緒に歌ったデュエット曲「Spring Love」を電撃公開し、グローバル音楽ファンの熱い反響が期待される。

二人が呼吸を合わせた「Spring Love」はシンプルでアコースティックな編曲が際立つミディアムテンポの曲で、暖かい春に舞い散る桜の花がひらひらと舞い落ちるように、友だち同士の間に生まれたときめきの感情を、ウェンディの愛らしい歌声とEric Namの甘い歌声で歌い、今春最高のシーズンソングとして愛されるものとみられる。

特に、Eric Namは歌手活動と共にバラエティ番組を通じても多くの支持を得ており、ウェンディもRed Velvetの活動はもちろん「D-DAY」「Who are you-学校2015」「Mimi」など多数のドラマOST(劇中歌)や様々な音楽番組で優れた歌唱力と魅力的な歌声を認められているだけに、二人のデュエット曲「Spring Love」に対する関心はさらに熱くなるものとみられる。

最近「STATION」のInstagram(写真共有SNS)、SMTOWN Global Twitter、FacebookのSMTOWNページなどを通じて、「STATION」の4番目のバッターを予告している「STATION」の路線図イメージをサプライズ公開してネットユーザーの目を引いた。

また、毎週金曜日に発売される「STATION」は少女時代 テヨンの「Rain」、ユ・ヨンジンとEXO ディオの「Tell Me(What Is Love)」、ユン・ミレ(T)の「Because of You」など新しい試みと多才なコラボが際立つ曲を届け、音楽ファンの良い反響を得ている。これからも様々なアーティストやプロデューサー、作曲家たちとのコラボ、ブランド対ブランドとしてのコラボを通じた多彩な音楽を届ける予定だ。

記者 : ソン・ミギョン