「大丈夫、愛だ」チョ・インソン“EXO ディオ&イ・グァンスとの授賞式出席…俳優生活の中で思い出になりました”

KSTYLE |

韓国を代表する実力派イケメン俳優チョ・インソン主演ドラマ最新作「大丈夫、愛だ」。コン・ヒョジン演じる恋に不器用な精神科医と、チョ・インソン演じる女たらしの人気推理作家の組み合わせは、初共演とは思えないほどの完璧なラブコメカップルとして2014年を代表する秀逸な恋愛ドラマの印象を残した。8月には、日本でDVD&Blu-rayリリースを迎え、多くのファンを虜にしている。主演チョ・インソンがドラマ終了後、世界で初めて答えたドラマに関するインタビューをノーカットでお届けする。

―「大丈夫、愛だ」に出演されたきっかけは?

チョ・インソン:思い返してみると企画から約1年がかりのプロジェクトでした。去年の12月に企画案とシノプシスを受け取り、キム・ギュテ監督と脚本家のノ・ヒギョン先生にお会いして出演を決めました。お2人とはドラマ「その冬、風が吹く」でご一緒したので、その時の信頼が一番の決め手となりましたね。そして、自分自身に問いかけてみましたが、やはりノ・ヒギョン先生の作品が個人的にも好きなんですね。それから現場で一番呼吸を合わせなければならないキム・ギュテ監督のことを人間的にも尊敬していますから、お2人とご一緒すれば勉強になると思いました。

―ドラマ「その冬、風が吹く」を手掛けた脚本家ノ・ヒギョンさんの作品ですが、最初に脚本を読んだ感想は?

チョ・インソン:人間に対する理解が深い方だと改めて実感しましたね。そういう意味でとても勉強になった作品でした。そして、他のドラマに比べ、日常的な何気ないセリフが多いと思いました。ドラマじみた感じではなくて、本当に自然な感じのセリフで、だからこそ出演を決めたんです。

―演じたチャン・ジェヨルという人物はどんな人物ですか?

チョ・インソン:チャン・ジェヨルはラジオのDJで、女性に人気のある有名な推理作家です。でも子供の頃、家庭で起きた事件がトラウマになっていて心の病気になっています。しかし恋愛を通して、心が癒されていくという役柄です。

―チャン・ジェヨルという人物を演じてみてどうでしたか? また、演じる上で気をつけた点はありますか?

チョ・インソン:演じることで、彼の生き方を疑似体験できてよかったと思っています。俳優の自分にはできないことを、彼は自由にやっているようで羨ましかったです。しかもポリシーをもって論理的に行動している。そんな知的な姿がとてもカッコよく思えました。自由な性格とでもいいますか、ドラマの中ではありますが、演じることができて、なんだか胸がスカっとしましたね。気をつけた点は、下手に演じると、ちょっと濃い感じの暑苦しい人物になってしまうかもしれないと感じたので、少し感情表現を抑えるようにしました。視聴者の方々にはやや不親切かもしれませんが、感情を抑えてさらりと演じました。抑えた演技であっても作品がよければ、積み重なっていくものがある。そう信じながら演じました。


「コン・ヒョジンさんは僕の新たな面を引き出してくれました」

―コン・ヒョジンさんとは初共演ですが、いかがでしたか?

チョ・インソン:コン・ヒョジンさんと共演できたことをとてもありがたく思っています。彼女は、僕の新たな面を引き出してくれました。おかげで新たな演技の方向性を見いだすことができましたね。彼女は掛け合いが上手で、おかげで僕もうまくリアクションできました。彼女には本当に感謝しています。

―脚本家のノ・ヒギョン先生とキム・ギュテ監督とは、「その冬、風が吹く」でも一緒に仕事していますが、コン・ヒョジンさんたちに何かアドバイスをしましたか?

チョ・インソン:キム監督の現場の様子を知らない方は、どんな演技を求められるか気になると思います。キム監督の長所は、まず「すまない」と言ってくれることです。「今の演技でもいいが、すまないがもう一度やってくれないか」と。演技するのは、とてもエネルギーを使うことだと理解してくださっているんですね。つまり監督は、まず俳優の演技を認め、そして言葉を選んで慎重におっしゃるんです。でもドラマを作り上げていかなければいけませんから、僕たちも監督の要求に応える必要があります。互いにリスペクトし合える関係であることが大事だと、そういったことをコン・ヒョジンさんには説明しました。説明は少し抽象的になりましたが、現場ではすぐに勘がつかめたようです。そして僕たちが良好な関係で互いにいい感情を抱き続けることができたのは、一重にキム監督の人をまとめあげていく力の賜物だと思っています。

―現場でのほかの共演の方との過ごし方はどうでしたか? スケジュールもタイトでしたよね。

チョ・インソン:撮影現場の雰囲気はよかったですね。スケジュールは他のドラマに比べると緩やかでした。事前制作に近かったですから出演者の皆さんと親睦を深められました。ソン・ドンイルさんが中心になってくれて、現場で楽しく過ごせる原動力となりました。そのおかげで気楽に演じることができました。ソン・ドンイルさんの人柄を知ってからは、きつい言葉や冗談などにも情を感じましたね。地方ロケに行った時もソン・ドンイルさんと一緒においしい物を食べたり、お酒を飲んだりしました。演技や人生の悩みについてもたくさん相談しましたが、真剣に答えてくれました。そんなふうにして信頼関係を築いたので僕の演技も寛大に受け入れてくれたようです。

―NGシーンや悲しかったシーン、胸が痛んだシーンはありますか?

チョ・インソン:NGはたくさん出しました。セリフが多かったのでたくさん出してしまいました。スタッフに苦労をかけました。一番悲しかったシーン、胸が痛んだシーンは、イ・グァンスさんと一緒に演じたシーンです。僕が心の病気だと知り、後ろからそっと抱いてくれるのですが、その時とても感動しましたね。異性ではなく、弟のような同性に慰めてもらったこと、言葉で慰めるのではなく優しいハグで慰めてくれたこと。それがすごくよかったと感じました。


「一番気に入っているセリフは『自分を慰めなければならない』」

―気に入ったセリフや印象に残っているシーンがあったら紹介してください。

チョ・インソン:多くのセリフやシーンが心に残っていますが、特に印象に残っているのは第4話のエンディングでしょうか。言葉ではうまく言い表せない感情が込み上げてくるようなシーンでした。一番気に入っているセリフは最終回のセリフで、ドラマのテーマでもある「自分を慰めなければならない」ですね。僕は今まで人には気を遣ってきましたが、自分自身に対しては寛大になれなかったようです。自分自身に寛大になる必要があるという意味のそのセリフが一番心に響きました。

―チャン・ジェヨルは心の病に苦しむ役ですが、役作りのために病院を訪ねたり、患者さんに会われたりしましたか?

チョ・インソン:チャン・ジェヨルは、心の病に苦しんでいて、幻覚が現れたりする症状があるようなのですが、役作りのために特別なことはしませんでした。幻覚のシーンはずっと年下の友達や弟と心を分かち合うような感じで演じました。だからむしろ自然に映ったのではと思います。終盤は自分自身に語りかけるつもりで演じましたね。実際に病院に行ったり、患者の方に会ったりはできませんでした。映画やドラマを参考にしようとしましたが、あまりそういった作品はなくて「ビューティフル・マインド」を見たくらいです。でも今回のドラマとは少し違うので、結局は自分で考えて演じるしかなくて、その点は難しかったです。しかし、ソン・ドンイルさんが、現場では力になってくれましたし、コン・ヒョジンさんも勇気を与えてくれました。おかげで自信を持って演じれたことがいい結果につながりました。

―このドラマに出演して、家族や周囲の反応はいかがでしたか?

チョ・インソン:まず、一番感動したのはファンやスタッフの言葉ですね。「このようなドラマに出演してくれてありがとう」と言ってくれました。その言葉を聞いた時の感動は、言葉では表せません。この作品をやってよかったと思いました。そして演技を認めてもらえたことが、とても嬉しかったです。高い視聴率を記録して大勢の方に見てもらうことも大事ですが、身近な人々にいいドラマだと褒められるのは本当に気分がいいですから。

―このドラマでは、心の病について描いていますが、今回出演して感じたことや、気づかされたことはありますか?

チョ・インソン:相手のことを本当に自分は理解しているのか、自らに問うようになりました。自分は果たして相手を助けてあげられるような人間なんだろうかとか。相手が辛い思いをしている時は慰めてあげたくなりますが、慰めの言葉がかえって相手を傷つけることもある。そのことに気づかされ、気を遣うようになりましたね。本当の慰めはそっと見守ってあげること、抱き締めてあげて、背中を軽くポンポンと叩いてあげるだけでも十分なんですね。僕の自己満足のような言葉で、相手をかえって苦しめてはいないか、考えるようになりましたね。人を慰める時は言葉をかけるよりは、理解しようとする心が大切で、「つらいでしょ」のひと言で相手を慰められるのだと学びました。

―このドラマを通して俳優として成長したところはありましたか?

チョ・インソン:それは自分で判断するのも大事ですが、視聴者に判断してもらうことです。とにかく終わりがないですね。やり遂げたと思うことはありません。成長したかどうかは次の作品で分かることです。この瞬間に、何か成し遂げたと言うのは難しいですし、次に出演する作品を見ていただければ、成長したかどうか分かると思います。

―撮影などのスケジュールがタイトな中どのように健康管理をしていますか?

チョ・インソン:ハードなスケジュールだと当然眠くなります。休まないと本能的に眠ってしまいます。それでも仕事をしている時が一番幸せですね。仕事がない時は不安になります。そんな時は知人と会って話したり、ジムで運動したりしますね。少し大変ですが、週に3日はトレーニングするようにしています。


「EXO ディオ&イ・グァンスと授賞式出席…俳優生活の中で思い出」

―「2014 APAN STAR AWARD」で大賞を受賞、そしてイ・グァンスさんが人気スター賞、EXO ディオさんが新人賞と、3冠を獲得されましたが、受賞後お2人と話されましたか?

チョ・インソン:授賞式に1人で臨むのはきまりが悪いんです。3人いたので心強かったですね。またとない機会でした。1つの作品を終えて、締めくくりの授賞式で1人ではなく3人もの共演者と同席できたことは俳優生活の中での思い出になりました。

―ファッションセンスもあって、着こなしが上手ですが、今回ドラマの中で気に入った衣装はありましたか?

チョ・インソン:夏だったのでスリッポンやサンダルを多用しましたね。それからできるだけ目立ちすぎないようにしました。ラジオDJで、女性にも人気のある作家という設定でしたから“独特の着こなし”を監督が望まれたんです。だから思いのほか、僕の私服を衣装として着ることも多かったように思いますし、こんな服も似合うんじゃないかと提案したこともありました。新品の衣装ではなくて私服だったので、体になじんで細かなところまでリアリティーが増したように思いますし、ファンの方も楽しめたのではないかと思います。

―ファッションに元々関心はありましたか? 普段どんなスタイルの服を着ていますか?

チョ・インソン:以前は、ファッションに関心はありませんでしたが、“服装も自己表現の1つだ”と考えるようになりました。“自分を表現する”ものなので慎重に選ぶようになり、“僕はこんな人間だ”と服装でアピールするようになりましたね。ダンディーな服装が好きなのですが、さりげなく自然にカッコよく見せるのはセンスが必要で難しいですね。どこへでも着て行けて、それでいてセンスよく見せたいので、過剰にならないようにして、少し足りないような感じのほうが、服に負けないで堂々とできるみたいです。近ごろは色にも関心を持つようになって……。ネイビーが好きですね。


「とても印象深い作品…見れば癒やされると思います」

―日本のファンの皆さんへメッセージと、ドラマの見どころについて一言お願いします。

チョ・インソン:「大丈夫、愛だ」を通して皆さんにご挨拶できてうれしいです。頻繁に日本に行くことは難しいですが、作品を通して、皆さんと交流できればと思います。一生懸命作った作品です。ぜひ楽しんでください。僕を知らない方も作品を見て関心を持ってくだされば新たな交流が始まるのではないかと思います。つらいことがあった時やそれから心にトラウマを抱えている方が、この作品を見れば癒やされると思います。共感された方は思わず膝を打つほど印象深い作品になると思います。また別の作品でも皆さんにお目にかかりたいです。「大丈夫、愛だ」ぜひご覧ください!

「大丈夫、愛だ」
Blu-ray/DVD SET2 好評発売中
※DVD好評レンタル中
価格:DVD SET 各¥15,200+税 Blu-ray SET 各¥18,000+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイト:http://kandera.jp/sp/daijoubu/
Licensed by CJ E&M Corporation / (C)CJ E&M Corporation and GT Entertainment, all rights reserved

記者 : Kstyle編集部