放送開始「揀択-女人たちの戦争」キム・ミンギュ&チン・セヨン、初放送から予想外な展開?2人の演技力に注目

TVREPORT |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=TV朝鮮「揀択-女人たちの戦争」 放送画面キャプチャー
「揀択-女人たちの戦争」が第1話からスピーディーな展開で描かれた。

14日に韓国で第1話が放送されたTV朝鮮「揀択-女人たちの戦争」では、王室の婚姻の行列を襲った怪漢の銃撃で王妃が死亡した後、2度目の揀択が行われるまでのストーリーが描かれた。

王のイ・ギョン(キム・ミンギュ)の親迎行列で、中殿(チン・セヨン)が銃撃され倒れた。輿は血で染まり、イ・ギョンは嗚咽しながら中殿に近づいた。イ・ギョンも頭を銃で撃たれ、倒れた。

首都一の情報屋で巫女のカン・ウンボ(チン・セヨン)は、ワル(イ・シオン)に王妃が死亡したという話を聞いた。王と王妃の厄払いにかかったウンボは、王の身体から銃弾を探そうとし、その時王は意識を取り戻した。

過去、イ・ギョンは周辺の反対にも関わらず中殿として揀択するために初恋の相手を探していた。彼が相手について知っている情報は、カン・イス(イ・ギヨン)の娘であるという事実だけだった。

揀択で、運命のようにイ・ギヨンの初恋の相手であるカン・ウンギ(チン・セヨン)が現れた。イ・ギヨンは「大人の女性になった君を、近くで見てもいいだろうか」と感激した。しかし、この大事な女性が銃撃で死亡したのだ。

一方、王が突然意識を取り戻すとウンボは驚いて王室から逃げた。実はウンボは幼い頃の記憶を失い、巫女の手で育てられた。

しかし、大逆罪人となって連れて行かれるイスの姿を見て、彼が父であることを思い出した。イスもウンボのことに気付き、驚きが隠せなかった。

「揀択-女人たちの戦争」第1話は、王妃を揀択するという内容とチン・セヨンの一人二役が中心となって展開された。しかし、チン・セヨンが双子であるという設定と死んだ王が意識を取り戻す過程などは詳しく描かれず、視聴者の好奇心を刺激した。

キム・ミンギュの重みある正劇 (シリアスで深みのある内容を扱った作品)での演技、チン・セヨンの一人二役の演技、イ・シオンのユーモア溢れ図々しい魅力、チョン・エリ、イ・ギヨンなどの安定した演技力は劇の完成度を高めた。

今後、イ・ギヨンがウンボに会って見せる反応や本格的に展開される宮中ロマンスサバイバル、三角関係がどのように興味深く描かれるのだろうか、関心が集まっている。

記者 : キム・スジョン