防弾少年団&TWICE&SEVENTEENも!「ゴールデンディスクアワード」豪華ラインナップ6組を発表

Newsen |

今年1年間、K-POPファンたちから愛された歌手たちが「第34回ゴールデンディスクアワード」への出演を確定した。

「第34回ゴールデンディスクアワード」事務局は9日、今回の「ゴールデンディスクアワード with TikTok」への参加を確定した歌手のラインナップを公開した。デジタル音源部門授賞が行われる来年1月4日には、MAMAMOO、Jannabi、TWICE、ポール・キムらが出演してステージを披露する。アルバム部門の授賞が行われる1月5日には防弾少年団、SEVENTEEN、TWICEらが公演を披露する。彼らはいずれも本賞候補で、音源またはアルバムで高い成績を記録した歌手たちが一番最初にラインナップに名を連ねた。

防弾少年団はアルバム部門の授賞日に出演を決定した。第28回で新人賞を獲得した防弾少年団は、その後毎年ゴールデンディスクアワードを訪れている常連出演者である。第29回から毎年アルバム本賞を受賞し、第32回では音源とアルバム部門両方で本賞を受賞し、初めてゴールデンディスクアワードでアルバム大賞まで受賞した。今年も防弾少年団は、音源とアルバム部門の両方の候補に名を連ねた。本賞受賞の有無だけではなく、今回は何冠を獲得するのか、また3年連続大賞を受賞するのかにも注目が集まっている。

第30回で新人賞を獲得後、毎年アルバム本賞を受賞したSEVENTEENが今年もゴールデンディスクに出席する。デビュー後、毎年凄まじい勢いで成長を続けているSEVENTEENは、最高売上を記録した「An Ode」で、アルバム部門本賞にノミネートされて注目が集まっている。

TWICEは両日ともに出演してステージを披露する。バラード歌手が席巻している音源市場と、ボーイズグループが席巻しているアルバム市場では、全く揺れることなく音源とアルバムいずれにおいても好成績を維持する歌手だ。その結果、今回も音源とアルバム本賞にノミネートされた。第31回では「CHEER UP」でデジタル音源部門大賞を初めて獲得したTWICEは、その後32回と33回でも音源とアルバム本賞を総なめした。今回で3年連続の音源・アルバム本賞を獲得するのか、関心が高まっている。

MAMAMOOはデジタル音源部門の授賞日にスペシャルなステージを披露する。MAMAMOOは「gogobebe」で、メンバーのファサはソロ曲「twit」でデジタル音源部門本賞にノミネートされた。定量評価で本賞候補を選ぶゴールデンディスクアワードに2曲の候補曲を上げ、音源パワーを証明した。

バンドのJannabiは、デジタル音源部門の本賞候補者としてゴールデンディスクアワードに初出演する。ゴールデンディスクに初めて出演するJannabiがどんなステージで感動と楽しみを与えるのか期待される。彼らが初めて本賞を受賞して、トロフィーを手にするか期待が高まっている。

第33回でベストOST(劇中歌)を受賞し、ゴールデンディスクアワードと初めて縁を結んだポール・キムが、今回は「君に会って」でデジタル音源部門本賞の候補として参加する。1年間、様々なヒット曲を出して急成長を見せたポール・キムが、ゴールデンディスクアワードでもその勢いに乗って、初めて本賞を獲得するか期待されている。

「第34回ゴールデンディスクアワード with TikTok」は、1月4日(デジタル音源部門)から1月5日(アルバム部門)まで2日間に渡ってソウル九老(クロ)区高尺(コチョク)スカイドームで開かれる。JTBC・JTBC2・JTBC4で生中継する。

防弾少年団からSEVENTEENまで「第34回ゴールデンディスクアワード」各部門の候補者を公開

韓国最⼤の⾳楽授賞式「第34回ゴールデンディスクアワード」が来年1月4・5日に開催決定!

記者 : ファン・ヘジン