放送開始「瑕疵ある人間たち」アン・ジェヒョン、過去に自身を傷つけたオ・ヨンソと再会

MYDAILY |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=MBC「瑕疵ある人間たち」放送画面キャプチャー
MBC新水木ドラマ「瑕疵ある人間たち」(脚本:アン・シンユ、演出:オ・ジンソク)で、アン・ジェヒョンが自身を傷つけたオ・ヨンソと再会した。

27日に韓国で初放送された「瑕疵ある人間たち」には、イ・ガンウ(アン・ジェヒョン)とチュ・ソヨン(オ・ヨンソ)が同窓会で会う姿が描かれた。

この日、チュ・ソヨンはジョンテ(カン・テオ)に別れようと言われた後、お酒を飲んだ。外見に執着するイ・ガンウは運動中に「花よりきれいなあなた」という看板を見てセルフショットを撮った。その時、後ろでチュ・ソヨンが現れて「迷惑だね。もうお酒は絶対飲まないよ」と話し、路地の掃除を始めた。

セルフショットを撮っていたイ・ガンウは、チュ・ソヨンが掃除に使った水が流れてきて自身の靴につくと驚愕した。これにイ・ガンウは「不潔だ。汚い」と叫んで、その場を離れた。

イ・ガンウには痛い過去があった。学生時代に仲間たちが“くそ垂れ”“高度肥満”とからかうなど、いじめられたのだ。これと関連してイ・ガンウは心理相談所に訪れた。専門家は「当時の事件で刺激を受けると、過敏性腸症候群で下痢をするのか」と聞き、いじめた人々と再会することを勧めた。

イ・ガンウは勇気を出して同窓会に参加した。イケメンになった彼に視線が集まった。しかし、チュ・ソヨンは「あの人は誰? 遅れたくせになんでそんなに堂々としているの」と話し、関心を持たなかった。これにイ・ガンウはチュ・ソヨンに近づいて「失礼だが、誰?」と聞いた。チュ・ソヨンは「あなた、イ・ガンウでしょう。私はあなたの初恋だわ」と話し、イ・ガンウを見つめた。

これを聞いたイ・ガンウはチュ・ソヨンに告白したが、傷を受けたことを思い出した。過去、イ・ガンウがチュ・ソヨンに告白したが、チュ・ソヨンは「あなたは不細工でデブだから嫌だ」と拒絶したのだ。忘れていた過去を思い出したイ・ガンウは腹痛を訴え始めた。

記者 : チョン・ジヒョン