イ・ヨンエ主演映画「私を見つけて」制作記を公開…全力を尽くす俳優たちの姿に注目(動画あり)

Newsen |

写真=「私を見つけて」制作記映像キャプチャー
イ・ヨンエがスクリーン復帰作「私を見つけて」のため全力を尽くした。

映画「私を見つけて」(監督:キム・スンウ)は、6年前に失踪した息子を見たという連絡を受けたジョンヨン(イ・ヨンエ)が、不慣れな場所、見知らぬ人々の中で子供を探すことで始まるスリラー映画だ。

子供を失ったジョンヨン役でスクリーンに復帰するイ・ヨンエは、「子供を失った親の複合的な感情を持ちながら、現実を生きていかなければならない人物だ」と伝えた。子供を失った親の悲しみから、真実を探そうとする強さまで、幅広い演技力で完成させたキャラクターに期待が高まっている。

イ・モゲ撮影監督は、「泥沼であっても水の中でも、大変な中で全身を投げ込んだ」と絶賛し、素晴らしい演技を見せたイ・ヨンエの強烈なイメージチェンジを予告している。

イ・ヨンエとユ・ジェミョン、パク・ヘジュンのシナジー(相乗効果)も映画で見逃せない観覧ポイントだ。ジョンヨンを警戒する人物であるホン警部役のユ・ジェミョンに対してソン・ジョンヒ衣装監督は、「情熱的な姿の中に隠された静けさから多くのエネルギーを感じた」と伝えた。

また、子供を探しまわってきたミョングク役のパク・ヘジュンに対してキム・スンウ監督は「本当に驚かされる俳優だ。いつも現場に“本物”になって現れる」と感嘆し、これに対してイ・ヨンエは「一緒にする演技の中で、期待以上のシナジーをたくさん感じた」とし、実力派俳優たちが完成させる作品に期待させる。

「私を見つけて」は11月27日に韓国で公開される予定だ。

記者 : ペ・ヒョジュ