「ラブリー・スター・ラブリー」パク・シフ、オフの日は日本へ“数日滞在するだけで充電できる”

KSTYLE |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。

「黄金の私の人生」パク・シフと「宮(クン)~Love in Palace」ソン・ジヒョ主演、強運トップスターと落ちこぼれ脚本家が繰り広げるラブコメディ「ラブリー・スター・ラブリー」のDVD&Blu-rayが好評発売中。このたびリリースを記念して、主演をつとめたパク・シフのオフィシャルインタビューが到着! 撮影での裏話から最近ハマっていることまで、たっぷりと語っている。

パク・シフ 直筆サイン入りポラのプレゼント概要は記事下をチェック!

――ユ・フィリップの魅力をアピールしてください。

パク・シフ:ユ・フィリップは飾らない性格です。言いたいことがあればすぐ口に出すし、かなり欲張り。従来のドラマでは、あまりこんなキャラクターは見かけませんね。普通、ドラマの主人公はカッコよく振る舞おうとしますが、彼はそうではなくて正直なキャラクター。それが彼の魅力です。

ドラマの中でもいろんな姿を見せます。ちょっとマヌケでコミカルな姿も出てきます。それで今回は僕も心を開いて、僕の中にあるユ・フィリップ的な部分を最大化して演技をしました(笑)。恐らくドラマをご覧になる皆さんにもそれが伝わると思うので、ぜひ注目してご覧になってください。

――パク・シフさんが撮影のアイデアを出すことはありますか?

パク・シフ:ええ、出しましたね。そして監督は僕のアイデアを採用してくれましたし、僕のアドリブも尊重してくれたんです。そのおかげもあって、ユ・フィリップになりきることができました。シーンの例を挙げるなら……中盤辺りで昔の恋人ラヨンの幽霊と出会うシーンですね。フィリップは妙な気配を感じつつ、ウルスンに向かって微笑みかけます。僕は「視聴者には、ラヨンに向かって微笑んでいるように見せたい」と提案しました。ラヨンに気付いて微笑んだように見えて、実はウルスンの方を見ていたというわけです。監督は僕の提案を反映してくれました。


(C) 2018 KBS. All rights reserved
―― 一番苦労したシーンを挙げてください。

パク・シフ:一番苦労したシーンは、序盤のビルから落ちるシーンが記憶に残っています。忘れられない理由は、この1分にも満たないシーンを、3日間炎天下で撮ったからです。俳優だから顔が日に焼けたらマズいですよね。そのうえ、3日間雨に打たれながらワイヤーにつるされて……。本当の雨ならよかったんですが、炎天下に散水装置で雨を降らせて、ワイヤーにつるされて演じました。さすがにつらくて、忘れられません。

――ピアノを弾くシーンがありますが、ピアノの経験は?

パク・シフ:小学生の頃に、母に連れられてピアノ教室に行ったことがあります。2週間で性に合わないと気付いてやめました。習ったのは2週間だけ(笑)。その2週間の記憶を思い出しながら、それらしい格好をしただけで、実際には弾いていません。

――得意な楽器はありますか?

パク・シフ:ギターも少し習いましたし、ドラムを習ったこともあります。どちらかというと自信があるのはドラムかな。もちろん、他の楽器に比べたらまだマシという程度ですよ。


愉快なシーンの数々に「スタッフは面白がり僕だけ大変(笑)」

(C) 2018 KBS. All rights reserved
――ソン・ジヒョさんとの共演は、どうでしたか?

パク・シフ:最初にソン・ジヒョさんと会ったのは食事の席でした。その時、彼女は口数が少なかったですね。スケジュールが詰まっていたようで、映画やバラエティー番組の撮影があって、忙しそうでした。疲れているから口数が少ないのかな、このドラマにはあまり関心がないのかなと思いました。でもいざ撮影が始まると本来の明るさが出てきました。性格も明るいし、周りの共演者やスタッフにもよく話しかけるし、気を配ってくれます。思いやりがあって、スタッフにも人気でしたね。僕との息もぴったりでした。

――Highlight イ・ギグァンさんとの共演はどうでしたか?

パク・シフ:彼こそマルチなエンターテイナーです。演技が上手いのはもちろんですが、とにかく瞬発力があってセンスがいい。2人で台本の読み合わせを何度もやりました。新人は緊張しやすいから、お互い読み合わせしながら意見交換をしたんです。おかげで、リラックスして撮影に臨めました。彼は俳優として非常に高い能力を持っていると思います。歌手としては言うまでもないけど、今後が楽しみな俳優です。彼もそうですが、他の共演者も同様で人柄がいい。性格のいい俳優ばかりで現場は和やかでした。

(C) 2018 KBS. All rights reserved
――占い師役のキム・ウンスさんとの共演は、どうでしたか?

パク・シフ:現場ではとても楽しかったですよ。キム・ウンスさんの演じる占い師が、実に可愛らしくて(笑)。彼の役どころは、フィリップを見守る人物です。キム・ウンスさんはそのキャラクターを、新しく自分なりに解釈して演じていました。現場ではアドリブが多くて、面白いから僕はそれに最大限合わせようと努力しました。キム・ウンスさんの魅力がよく出ていて、本当に楽しい撮影でした。序盤では、「なぜそんな演技を?」と心配したのも確かです。でも次第に役とぴったり合ってきました。

――撮影現場で記憶に残る面白いエピソードは?

パク・シフ:このドラマは愉快なシーンが多くて、現場も楽しかった。怖いシーンもあるけど愉快なシーンも多くて。記憶に残るシーンと言ったら……イスのシーン! あのシーンの撮影のあとは体が痛くなって、マッサージを受けに行ったんです。普通の人なら首が入らない場所に、実際に肩まで突っ込んで撮影しましたからね。あのシーンは時間もかかったし本当につらかったけど楽しかった。イスの脚を曲げて入り込むので、体格のいい人なら5分も耐えられないでしょう。撮影されている当人は苦しんでいるのに、画面には面白おかしく映るので、よく覚えています(笑)。

――苦労したエピソードですね。

パク・シフ:まさにそのとおりです。苦労した上に記憶にも残ってるエピソードだ。スタッフは面白がり僕だけ大変(笑)。経験しないと僕の心情は分かりません。


オフの日の過ごし方は?「日本へもよく行きます」

(C) 2018 KBS. All rights reserved
――撮影が終わって、一番やりたかったことは?

パク・シフ:ドラマ終了後はとにかく眠りたかった。最後の撮影の頃は40~50時間ほどまともに寝ずに、ひたすら撮影してたんです。寝るのは移動中のほんの短い間だけ。人間、あまりに疲れていると、寝たくても寝られなくなるんですね。鼻血を出したあとも24時間撮影が続いて、本当に疲れ果ててしまいました。すべて終わった瞬間は寝たかった。

でも、僕はどんなに疲れていても5~6時間寝ると目が覚める体質なんです。撮影スケジュールに体が順応してしまったみたいですね(笑)。こういう生活を続けてきたので、睡眠不足に体が慣れてしまったんです。ジヒョさんも同じ回答をしてました。俳優はみんな寝不足ですから……まさに睡魔との闘いです。

――オフの日の過ごし方は?

パク・シフ:オフの日は気晴らしに郊外に出かけます。それから、キャンプが好きですね。親しい知り合いと森や海辺に行って、肉を焼いて食べたりすると癒やされます。旅行も好きなのでよく外国にも行きます。旅先では特に何もせず、さわやかな風に吹かれて休息を取ります。次回作の台本を読むこともありますね。音楽を聴きながらキャンプをするのが大好きです。

日本へもよく行くんですが、日本の田舎には緑豊かな森林があり、とても美しいです。森林浴をして、温泉に入って、おいしい物を食べる。暇ができると近い日本に行って、休息を取るようにしています。数日滞在するだけで充電できるからです。田舎では車で移動するので気づかれることもありません。気付いてくれたら僕としては逆にありがたいので、「ありがとう」と言いますね。旅先で僕のファンがいたらうれしいから。

――今ハマっている趣味は?

パク・シフ:ハマっている趣味は……自転車に乗るのが好きですね。運動は欠かしません。歩くのも好きで、近所の漢江沿いを毎日1~2時間歩きます。そのほかは、「黄金の私の人生」のあと、グアムでスカイダイビングをやりました。スキューバダイビングも好きです。

(C) 2018 KBS. All rights reserved
――日本によく行くそうですが、日本に来た時に必ず食べる物は何ですか?

パク・シフ:日本はなんでもおいしいですね。特にラーメンがおいしいと思います。それから天丼も大好きです。エビ天が好きで行きつけの店があるんですが、ファンの皆さんはご存じです。僕は都心より郊外や田舎によく行きます。森林や海岸を探しては訪ねているんです。いつか、キャンピングカーで日本を旅したいですね。日本はキャンプが盛んでしょ?

――日本で行ってみたい場所は?

パク・シフ:大体は行きましたね。沖縄は行ったことがありませんが、いい場所だと聞いているので機会があれば行ってみたいです。それから北のほうでは札幌に行ったことがあるけど、また行ってみたいですね。

――日本の皆さんへメッセージをお願いします。

パク・シフ:皆さんこんにちは。「ラブリー・スター・ラブリー」でユ・フィリップを演じているパク・シフです。「ラブリー・スター・ラブリー」は、いろんなジャンルが組み合わさったドラマです。面白い要素がギュッと詰まっているので、退屈することなく楽しんでいただけるでしょう。僕が演じるフィリップも魅力的な人物です。今までにない僕の魅力をお見せできるのが楽しみです。「ラブリー・スター・ラブリー」をぜひご覧ください。

「ラブリー・スター・ラブリー」リリース情報

好評発売中
【SET1】
●DVD SET1
GNBF-5284 ¥16,200+税/DVD5枚+お試しBD1枚
●Blu-ray SET1
GNXF-2450 ¥18,200+税/BD2枚+特典映像DVD1枚

<DVD&Blu-ray共通>
第1話~第8話収録/本編 約480分+特典映像約176分
アウターケース付き/封入特典:ブックレット Part1(12P)/特典映像:メイキング(予定)

【SET2】
●DVD SET2
GNBF-5285 ¥16,200+税/DVD5枚+お試しBD1枚
●Blu-ray SET2
GNXF-2451 ¥18,200+税/BD2枚+特典映像DVD1枚

<DVD&Blu-ray共通>
第9話~第16話(最終話)収録/本編約480分+特典映像約181分
アウターケース付き/封入特典:ブックレット Part2(12P)/特典映像:メイキング(予定)

レンタルDVDリリース
好評レンタル中 Vol.1-5、Vol.6-9
2019/10/2(水)Vol.10-13
2019/11/2(土)Vol.14-16

<セル・レンタルDVD共通仕様>
16:9 HD サイズ/カラー/リージョン:2/音声:韓国語 2ch ステレオ ドルビーデジタル/字幕:日本語/片面 2 層

発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
Licensed by KBS Media Ltd. (C) 2018 KBS. All rights reserved
※商品デザイン/組枚数/仕様は変更になる可能性がございます。

原題:ラブリー・ホラブリー
製作:2018年/韓国/KBS/
韓国放送:2018年8月13日~10月1日

※U-NEXTにて独占先行配信中

公式サイト:http://kandera.jp/sp/lovelystar/


◆パク・シフ 直筆サイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント◆



※プレゼントは終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。※

【応募方法】
Kstyle公式Twitterアカウント「@Kstyle_news」をフォロー&コチラのツイートをRTするだけ。奮ってご応募ください。

【応募期間】
2019年10月21日(月) 18:30 ~ 10月23日(水) 11:00まで

【参加条件】
・TwitterでKstyle公式Twitterアカウント(@Kstyle_news) をフォローしていること。
・日本に居住されている方(賞品配送先が日本国内の方)
・応募に関する注意事項に同意いただける方

【当選発表について】
・プレゼントの当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・プレゼントはお選びいただけませんので、予めご了承ください。
・当選者の方にはKstyle(@Kstyle_news)のアカウントよりDM(ダイレクトメッセージ) にて当選のご連絡をさせていただきます。
・プレゼントに関するDM/メンションでのご連絡は、平日10:00~18:30となります。
※DM(ダイレクトメッセージ)は、Kstyle(@Kstyle_news) をフォローいただいておりませんと、お送りすることができませんので、ご注意ください。

【注意事項】
※本キャンペーンに関して、弊社が不適切な行為がされていると判断いたしましたアカウントは、キャンペーン対象外とさせていただきます。
※弊社は、ご応募者のツイート内容については一切の責任を負いません。
※当選発表は、当選者様への当選のご連絡をもってかえさせていただきますので、ご了承ください。
※当選通知後、指定の日時までにご連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
※当選結果に関するお問い合せは受け付けておりませんので、ご了承ください。
※当キャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
※当選の権利の譲渡はできません。
※賞品の不具合・破損に関する責任は一切負いかねます。
※キャンペーン参加にあたっては、必ず弊社個人情報保護方針<プライバシーポリシー>をお読み下さい。
※当選時にご連絡いただく住所、氏名、電話番号は、その確認などの関連情報のご案内のみに使用し、キャンペーン終了後は弊社の定める方法に基づき消去いたします。
※インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用はお客様のご負担になります。
※次の場合はいずれのご応募も無効となりますのでご注意ください。
・応募時の内容に記載不備がある場合。
・お客さまのご住所が不明・又は連絡不能などの場合。
・本キャンペーン当選賞品を、インターネットオークションなどで第三者に転売・譲渡することは禁止しております。

記者 : Kstyle編集部