NATURE、2020年に待望の日本デビューが決定!日本人メンバーのハル「母国での活動…精一杯頑張ります」

KSTYLE |

韓国・日本・中国出身のメンバーによるK-POPガールズグループNATUREが、2019年10月14日に東京都内のイベントホールにてCD発売記念イベントを日本初開催し、来場したファンに向けて2020年の日本デビューを発表した。

競技ダンスの全国大会優勝経験をもつ日本人メンバーのハルにとっては感動の凱旋イベントとなり、「自分の母国で活動がスタートすることが本当に楽しみですので、精一杯頑張ります!」と意気込みを語った。

NATUREは韓国で2018年8月に1stシングル「Allegro Cantabile」でデビュー。2019年5月からMnetで単独リアリティー番組が放送され、7月に1stミニアルバム「I’m So Pretty」を発売すると、同曲のMV再生回数はYouTubeで1,200万回を突破するなど、注目を集める新人ガールズグループの1組に成長した。

グループ名には「日常に疲れた現代人が自然に癒やされるように、明るくエネルギッシュな音楽で皆さんを癒やしたい」というメンバーの願いが込められており、メンバー1人ひとりのパワフルなパフォーマンスやトークが最大の魅力だ。「プロデュース101」出身のキム・ソヒの新加入が発表され、日本公式サイトもオープンしするなど、2020年の日本デビューに向けてますます注目を集めるNATURE。今後の活動に目が離せない。

記者 : Kstyle編集部