「走る調査官」イ・ヨウォン、軍の過酷行為を解決

OSEN |

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
写真=「走る調査官」放送画面キャプチャー
「走る調査官」のイ・ヨウォンが、でっち上げられたアリバイを崩して、“木箱地雷爆発死亡事件”の隠れた内膜を明かした。

10日に韓国で放送されたOCNドラマ「走る調査官」では、事件解決に向け身を投げて捜査をしていた途中、国家人権委員会の調査官に派遣発令された熱血行動派検察官ペ・ホンテ(チェ・グィファ)が、司法研修院の同期弁護士ウ・テソン(キム・ガンヒョン)の要請で、第16師団警戒所勤務中に木箱地雷の動作により殉職したチョン・ナムス(リュ・ソンロク)一等兵の父親チョン・ブソン(チョン・ウンピョ)に会って、事件が軍によって捏造されたと聞き、これに対する真相解明を求められる。

これを聞いた人権委員会の調査官ハン・ユンソ(イ・ヨウォン)をはじめとする調査官たちは、職権調査に着手して現場を訪れたが、内部に関することが公開されることを望まない軍関係者の非協力的な態度のため難関にぶつかるが、ユンソは当時小隊長だったイ・ジョンウ少佐(イ・ジョンファ)と対面し、証言が嘘であることを見抜いた。

ユンソは国軍病院を訪問し、地雷爆発により傷害を受けたチェ・ドゥシク兵長(ユ・インファン)に「イ少佐がチェ兵長の命を救ったと聞いた。その時のことを覚えているか」と聞いたが、イ少佐の名前を聞くやいなや、チェ兵長は悪口と共に発作を起こし、イ少佐がチェ兵長を救っていないことを確認した。

チェ兵長の証言をもとに、捜索大隊の直近の除隊者ト・サンギに会い、かつてイ少佐の過度な統制により小隊員たちが逼迫されていた。そのため軍生活で大変な思いをしていたチョン一等兵の責任を指導役であるチェ・ドゥシク兵長に問い、イ少佐とチェ兵長の対立が生まれ、チェ兵長がチョン一等兵に過酷行為をしたことを聞いた。

チョン一等兵事故の痕跡が、地雷の爆発で生じたものではなく、手榴弾の爆発によるものであることを確認したホンテとユンソは、この事件が木箱地雷爆発事件を装った軍の苛酷行為が原因で起こった不祥事であるという判断を下した。

結局、これ以上真実に口をつぐむことができなかったイ少佐は、チョン・ブソンの元を訪れて、すべての責任が自身にあることを事実通りに話し、罪悪感のため漢江(ハンガン)に身を投げ、意識不明の状態に陥った。人権委の職権調査報告が事実通りに行われた場合、チョン一等兵の遺族が年金を受給を受けられない可能性があったため葛藤したが、結局、事実通りに公開してほしいと言った。

ストーリーがはや中盤に差し掛かった「走る調査官」は、外国人労働者、身体障害者等、理不尽な状況に置かれた個人はもちろん、企業、軍警に至るまで、さまざまな人権の死角に光を当て、話題にするなど、社会にメッセージを発信している。

イ・ヨウォンの所属事務所MANAGEMENT KOO側は、「ドラマが折り返し点を過ぎて、様々なエピソードでお会いすることができて有意義だ。冷徹で平常心を保とうと努力する調査官ユンソの姿とイ・ヨウォンの演技が最後まで一致することができるように努力する姿を見せたい」と明らかにした。

記者 : ヨン・フィソン