カン・ハンナ、演劇観覧中にマナー違反を連発?議論にSNSで謝罪「迷惑をかけて申し訳ない」

TVREPORT |

写真=カン・ハンナ Instagram
女優カン・ハンナが演劇の観覧マナーに関する議論が浮上し、「申し訳ない」と謝罪した。

カン・ハンナは16日、自身のInstagramに文章をキャプチャーして掲載した。

彼女は「今日、とても素敵な公演を見てきました。劇中で笑うような場面ではなかったのに笑った部分、劇中カメラが客席側に向けられた際にピースサインをした部分が観覧に支障をきたし、ご迷惑をおかけしたようで、お詫びをしなければならないと思いました」と自身の過ちを明かし、謝罪した。

カン・ハンナは観客はもちろん、自身の行動が、俳優の演技の邪魔になったかもしれないと、俳優にも謝罪した。続いて「観覧マナーについてしっかりと熟知し、反省する」と誓った。

15日、ネット上にカン・ハンナの観覧マナーを指摘する書き込みが掲載され、カン・ハンナはその後謝罪した。

カン・ハンナ、台湾俳優ワン・ダールーとまたも…4回目の熱愛報道に双方が釈明

【PHOTO】チ・ジニ&カン・ハンナら、ドラマ「60日、指定生存者」の打ち上げに出席

【カン・ハンナの謝罪文全文】

こんにちは。

今日、とても素敵な公演を見てきました。

劇中で笑うような場面ではなかったのに笑った部分、劇中カメラが客席側に向けられた際にピースサインをした部分が、公演を観覧していた観客の皆さんの公演観覧に支障をもたらし、ご迷惑をおかけしたようで、お詫びしなければならないと思いました。

観客の皆さんに、公演観覧中に不快な思いをさせてしまったことについて、理由を問わず心からお詫び申し上げます。

また、お話があったように、そのような行動が舞台に立つ俳優の方々にも(演技の)邪魔になった可能性があるため、俳優の皆さんにもお詫び申し上げます。

演劇「プライド」は笑ってまた泣いて見た、本当に良い深い響きのある公演でした。

観覧マナーについてしっかり熟知し、反省します。

重ねてご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございませんでした。

記者 : イ・ウイン