Weki Meki、デビュー2周年記念ファンミーティングを開催…お弁当のプレゼントから新曲の初披露も

OSEN |

写真=Fantagio
Weki Mekiがデビュー2周年を記念したファンミーティングを盛況裏に終えた。

Weki Mekiは10日、ILCHIアートホールで「Weki Meki 2nd Wonderful Moment~PICNIC~」を開催し、ファンと忘れられない特別な時間を過ごした。

Weki Mekiは、デビュー曲「I don't like your Girlfriend」をはじめ、「True Valentine」「Crush」を続けて披露し、熱い歓声の中でファンミーティングの幕を開けた。

この日Weki Mekiは「猛暑を避けてWeki MekiとKi-Ling (キリン、Weki Mekiのファンクラブ)が一緒に旅立つピクニック」というファンミーティングのコンセプトに合う様々なゲームで、愉快なトークや魅力をアピールした。「ピクニックをお願い」のコーナーではお弁当を作り、抽選で当選したファンにプレゼントしたり、「Ki-LingとTIKI TAKA」ゲームでもファンと楽しく交流し、ファンに永遠に忘れられない特別な瞬間をプレゼントした。

また、Weki Mekiはこれまで見ることのできなかったユニークな魅力でファンミーティングの雰囲気を盛り上げた。披露したことのない即席のパートチェンジバージョンの「Picky Picky」のステージを披露したり、可愛らしい動物のパジャマを身にまとって「Stay With Me」「Whatever U Want」を披露して、ファンの熱い歓声を引き出した。何よりも新曲「Tiki-Taka(99%)」のステージをファンの前で初公開した際、ファンはさらに大きな歓声でWeki Mekiを応援し、メンバーに大きな感動を与えた。

このように時にはガールクラッシュ(女性も憧れるかっこいい女性)、時には愉快でキュートな姿で、Weki Mekiはファンと真夏の夜の夢のように甘い思い出を作った。

デビュー2周年記念ファンミーティングを終えてWeki Mekiは「本当にKi-Lingとピクニックに来た気分だったし、とても幸せな時間でした。Ki-Lingが私たちのエネルギーであり、愛です。今日のファンミーティングがWeki Mekiにとって一生記憶に残る歴史的な日であるだけに、ファンの方々にとってもそんな日になってほしいと思います。ありがとうございます、愛しています。また会いましょう」とファンに対する感謝の気持ちを表現した。特にキム・ドヨンは涙ぐみながら「歌いながら一人ひとりと目を合わせたんですけど、ファンの方々の幸せそうな笑顔に涙が出そうでした。本当に幸せな時間でした」とファンと共に時間を過ごした幸せと感動を伝えた。

最後にWeki Mekiは、ファンとの大切な思い出を写真に残して、約3時間に渡る熱い時間を終えた。

Weki Mekiは14日、2ndシングル「LOCK END LOL」のリパッケージアルバム「WEEK END LOL」を発売して、タイトル曲「Tiki-Taka(99%)」のミュージックビデオの公開を皮切りに、精力的な活動を続けていく予定だ。

記者 : キム・ウネ