“カンヌ最高賞”ソン・ガンホ主演映画「パラサイト 半地下の家族」来年1月に日本公開決定

KSTYLE |

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED
第72回カンヌ国際映画祭最高賞パルムドールを受賞したポン・ジュノ監督最新作「PARASITE」(英題)の日本公開タイトルが「パラサイト 半地下の家族」となり、2020年1月、TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開することが決定した。

全員失業中、“半地下”住宅で暮らす貧しい一家の長男が、IT企業を経営する超裕福な一家の家庭教師になったことから、次第に想像を遥かに超える悲喜劇へと展開していく本作。相反する2つの家族を軸に、いま世界が直面している貧富格差を痛烈に批判しつつ、コミカルさやサスペンス感など交え、圧倒的エンターテインメント性を持たせた物語展開で描き切った。主演を務めるのは、名優ソン・ガンホ。同監督とは「スノーピアサー」「グエムル -漢江の怪物-」「殺人の追憶」に続く4度目のタッグとなる。共演には「最後まで行く」「ソニはご機嫌ななめ」イ・ソンギュン、「後宮の秘密」チョ・ヨジョン、「オクジャ/okja」「新感染 ファイナル・エクスプレス」のチェ・ウシクら実力派の面々が脇を固める。

カンヌ国際映画祭では、タランティーノ、アルモドバル、ジャームッシュ監督らの並みいる話題作を抑え、審査員満場一致の決定で、韓国映画として史上初となるパルムドール受賞に輝いた「パラサイト 半地下の家族」。カンヌでの熱狂をそのままに、韓国1,000万人突破、フランス150万人目前……と公開が始まった世界各国でも動員記録を塗り替える爆発的な盛り上がりをみせている。

「ネタバレをしたくないので詳細は言わないが、『この独創的な物語を“体験する”ことがどんなに最高か』すべての人に伝えたい」(VANITY FAIR)、「最高傑作!132 分間観客の心を掴んで一瞬も離さない」(THE HOLLYWOOD REPORTER)とツイストの効いた想像を絶する展開を各国メディアも大絶賛。アメリカをはじめ公開を控える各国での期待値も高まっている。

「母なる証明」以降、「スノーピアサー」「オクジャ/okja」と国際的作品を手掛けてきたポン・ジュノ監督が、ジャンルにとわられない唯一無二の作風に磨きをかけ、満を持して10年ぶりにホームグラウンドで圧倒的傑作を完成させた。

ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED

■映画情報
「パラサイト 半地下の家族」
2020年1月全国ロードショー

出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン、チェ・ウシク、パク・ソダム、イ・ジョンウン、チャン・ヘジン
監督・共同脚本:ポン・ジュノ(「殺人の追憶」「母なる証明」)
撮影:ホン・ギョンピョ
音楽:チョン・ジェイル

配給:ビターズ・エンド
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BARUNSON E&A ALL RIGHTS RESERVED /2019 年/韓国/132 分/2.35:1/英題:PARASITE/原題:GISAENGCHUNG/PG-12

<ストーリー>
全員失業中で、その日暮らしの生活を送る貧しいキム一家。長男ギウは、ひょんなことからIT企業のCEOである超裕福なパク氏の家へ、家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして、兄に続き、妹のギジョンも豪邸に足を踏み入れるが……この相反する2つの家族の出会いは、誰も観たことのない想像を超える悲喜劇へと猛烈に加速していく――。

記者 : Kstyle編集部