ITZY、新曲でカムバック「パク・ジニョン代表が曲を作ってくださった…光栄で一生懸命準備しました」

MYDAILY |

ITZYが今年も“怪物新人”の底力を披露する予定だ。

ITZYは本日(29日)午後、ソウル漢南洞(ハンナムドン)ブルースクエアで1stミニアルバム「IT'z ICY」の発売記念ショーケースを開催した。

タイトル曲「ICY」は、パク・ジニョンが初めてITZYのために作詞・作曲した“クールサマーソング”だ。メイン作詞・作曲家であるパク・ジニョンを中心に実力派プロデューサー兼ラッパーPENOMECOが作詞に参加しCazzi Opeia、Red Velvetの「Peek-A-Boo」を作業したEllen Berg、「Red Flavor」を手がけたDaniel Caesar、Ludwig Lindell、防弾少年団の「I'm Fine」と「Home」などの作業に参加したLauren Dyson、Ashley Alisha、Cameron Neilsonなど有名作曲家たちが参加し曲を完成させた。

ITZYのリアは今回の新曲「ICY」について「『違う違う』と『ICY』は違うというよりは、同じ延長線にあると思います。意味や私たちが目指すメッセージは同じです。より夏にぴったりなクールなビートと軽快な雰囲気でカムバックしました」と紹介した。

今年2月にデビューしたITZYは「違う違う」で様々な記録を立て、音楽番組で1位を席巻するなど次世代ガールズグループとして位置を固めた。リュジンは「『違う違う』でたくさんの愛をいただくことができありがたいです。その人気を原動力にして、今回のアルバムを一生懸命に準備しました。プレッシャーを感じずに、一緒に楽しんでほしいです」と伝えた。

チェリョンは「ICY」のポイントダンスについて「ダンスがパワフルで『違う違う』より堂々とした魅力が追加されました。なので今回のダンスも大変でした」と話した。

ITZYが多くのガールズグループの中でも大人気を受けている理由は何だろう。リュジンは「男女を問わず、多くの方が応援してくださっています。性別と年齢に関係なく、愛されるグループになりたいです」と伝えた。

チェリョンもまた「私たちが魅力を持っているというよりは、そのような姿をお見せするために頑張る姿を応援してくださっているんだと思います」と強調した。

特に今回の新曲は、ITZYとパク・ジニョンが初めて呼吸を合わせた曲だ。リアは「パク・ジニョン代表が初めて曲を作ってくださり、光栄です。私たちが望んだことだったので、一生懸命に準備しました。一生懸命準備したので、多くの愛情と関心をお願いします」と語った。

イェジも「パートは直接指定してくださいました。なので結果がより良かったのだと思います。その他にも素晴らしい作曲家さんたちと作業でき、期待しています」と、パク・ジニョンとの作業について語った。

続いてチェリョンは「一緒に作業して、直接教えてくださいました。いつも笑顔で教えてくださって良かったです。シンプルに、リズムに乗って軽く歌ってとアドバイスしてくださいました。情熱的かつパワフルで、クールな感じを与えることができるように披露します」と覚悟を伝えた。

“怪物新人”として堂々と2019年をスタートしたITZYは、次の活動まで注目を受けている。このアルバムの目標についてITZYは「夏になると思い出してもらえるITZYになりたいです。新しい記録を達成しとても嬉しく、感謝します。予想もできなかったです。たくさんの関心をお願いします」と話した。

記者 : ミョン・ヒスク、写真 : ソン・イルソプ