チン・ソンギュ、椎間板ヘルニアの手術を受け休養中…来週の映画「暗転」制作報告会が中止に

OSEN |

写真=イ・デソン
チン・ソンギュの手術のため、映画「暗転」(監督:キム・ジンウォン、配給:TCO(株)ザ・コンテンツ・オン、制作:トニックプロジェクト、アイニュー・カンパニー)の制作報告会が中止となった。

「暗転」側は18日午後、OSENに「来週の火曜日に開かれる予定だった制作報告会がキャンセルとなった」と伝えた。

「暗転」の制作報告会は23日午前11時、ソウル江南(カンナム)区新沙洞(シンサドン)CGV狎鴎亭(アックジョン)店で行われる予定だった。

延期の理由について「暗転」側は「俳優チン・ソンギュさんが昨日急に椎間板ヘルニアの手術を受け、一週間ほどスケジュールをこなすことができなくなった」と明かした。

ホラー映画「暗転」は、新人監督が上映禁止となったホラー映画の実体を探し、その中で出会った奇妙な事件を描く。

「暗転」は韓国で8月15日に公開される予定だ。

記者 : キム・ボラ