キム・ヘス、母親の金銭問題に関する報道に…公式コメント「連絡を絶って8年、関与していない」(全文)

Newsen |

写真=Newsen DB
女優キム・ヘスが母親の債務に対して公式コメントした。

キム・ヘスの法律代理人である法務法人JIPYONGは10日、公式報道資料を通じて「キム・ヘスは、家族のことで人々にご心配をおかけしたことを申し訳なく思っている。キム・ヘスの母親は、すでに十数年前から多くの金銭問題を起こしてきた。母親が行ったことに関して、キム・ヘスはその内容を全く知らず、関与したことがない上、いかなる利益も得たことがないにもかかわらず、母親に代わって弁済責任を負ってきた」と伝えた。

また「2012年頃キム・ヘスは、当時全財産でも賄えないほど莫大な母親の借金を再び背負い、母親と大きな対立があった。母親の困難を娘が助けるのは当たり前という気持ちで始まったことが日常のように繰り返されて、常識のレベルを超え、和解できなかった。キム・ヘス個人の痛みを越えて、自身の母親のせいでこれ以上被害が発生しないようにしたいという気持ちから、これからは金銭問題を起こさないという固い約束を取り付け、その過程で母親との関係まで切った。その後にも、過去にすでに発生していた母親の金銭問題を長い時間をかけて解決してきた」と説明した。

キム・ヘス側は「キム・ヘスと連絡を絶った母親が、家族と相談や協議なしに、また別の問題を引き起こしたものと推測される。8年近く連絡を絶っていた母親が一人でやったことを、キム・ヘスが知ることはできない。母親がすることに介入したこともない。すでに数年間、母親に関することで苦しめられてきたキム・ヘス個人の歴史が、虚偽事実と混ざって流されることがないように切にお願いする。違法な名誉毀損とプライバシー侵害に対しては、やむを得ず法的措置を取るしかないので、ご了承願いたい」と付け加えた。

これに先立って、CBS「キム・ヒョンジョンのニュースショー」はこの日午前、キム・ヘスの母親が事業を理由に知人から13億ウォン(約1億3千万円)以上を借りて、数年が経っても債務を履行していないと報道した。

この報道によると、通報者は2011年からキム・ヘスの母親に借用証までもらって約1億ウォン(約980万円)を貸したが、8年が経った今もお金を返してもらっていない状態だという。通報者だけでなく、被害者は複数人に達し、合計債務額が13億5000万ウォンに達するとされる。

キム・ヘス、母親に1億円以上の借金未返済説が浮上…事務所が「確認中」とコメント

【キム・ヘスの法律代理人 公式コメント全文】

女優キム・ヘスの母親の報道に対する公式コメントを伝えます。

1. 女優キム・ヘスの法律代理人である法務法人㈲JIPYONGのパク・ソンチョル弁護士です。キム・ヘスの母親に関する報道に対して立場を申し上げます。

2. まず、キム・ヘスは家族のことで皆さんにご心配をおかけしたことにお詫び申し上げます。

3. キム・ヘスの母親は、すでに十数年前から多くの金銭問題を起こしてきました。母親が行ったことに関連して、キム・ヘスはその内容を全く知らず、関与したことがない上、いかなる利益も得たことがないにもかかわらず、母親に代わって弁済責任を抱えてきました。

4. 2012年頃キム・ヘスは、当時全財産でも賄えないほど莫大な母親の借金を再び負担し、母親と大きな対立がありました。母親の困難を娘が助けるのは当たり前だという気持ちで始まったことが日常のように繰り返され、常識のレベルを超え、和解できませんでした。キム・ヘス個人の痛みを越えて、自身の母親のせいでこれ以上被害が発生しないようにしたいという気持ちから、これからは金銭問題を起こさないという固い約束を取り付け、その過程で母親との関係まで切りました。その後にも、過去にすでに発生していた母親の金銭問題を、長い時間をかけて解決してきました。

5. キム・ヘスと連絡を絶った母親が、家族となんら相談や協議なしに、また別の問題を引き起こしたものと推測されます。8年近く連絡を絶っていた母親が一人でやったことを、キム・ヘスが知ることはできません。母親がすることに介入したこともありません。

善意で母親を助けた方々には本当に残念に思っています。しかし、キム・ヘスは母親との取り引きをした方々から問題になる取り引きに対して認知することができる、最低限の告知も受けていません。面識もなかった方々から、ただただ結果に対する責任を強制されたことがあるだけです。

6. 問題の原因は、キム・ヘスの母親が独自で行う債務関連のことにあるので、そのような事件を未然に防止するためにキム・ヘスは最善を尽くしてきました。母親に約束を取り付けて、連絡まで絶ったにもかかわらず、結局制御することはできませんでした。母親という理由で、未然に行為を防ぐことができるいかなる制度的措置や、取ることができる現実的な方法もありませんでした。

7. キム・ヘスは芸能人として、また芸能人である前に娘として、母親に代わって問題を解決するために最善を尽くしてきました。しかし、娘という理由で母親が行う不当な行為に対して、無条件に責任を負うのは、根本的な解決方法にはなりませんでした。そのようには到底母親を制御することができず、自身の母親のせいで苦しむ人々がこれ以上出てこないようにと、止めることができませんでした。無条件に責任を負う方法では、問題をすべて解決することはできないというのが、苦しい時間を長く耐えながらキム・ヘスが得た結論です。

8. 問題の責任はキム・ヘスではなく、当事者である母親にあります。その責任は、問題を起こした当事者が最後まで果たさなければならないものです。母親に何があったか全く知らなかったキム・ヘスが、母親に代わって法的責任を負う根拠はないと確認されます。母親がしたことのため訴訟に巻き込まれたこともありますが、キム・ヘスに責任はないという判決が最高裁で確定されたこともあります。

9. すでに数年間、母親に関することで絶えず苦しめられてきたキム・ヘス個人の歴史が、虚偽事実と混ざって流されることがないように切にお願いいたします。違法な名誉毀損とプライバシー侵害に対しては、やむを得ず法的措置を取るしかないので、ご了承お願いいたします。

10. キム・ヘスは、今回のことについて事実関係を綿密に把握して法的検討を経て、最後まで適切に処理されるように最善を尽くします。また、今後自身の名義を盗用して行われる問題に対しては、さらに厳正に対処していきます。

母親の問題で、不愉快なニュースをお伝えしてしまい、改めてお詫び申し上げます。ありがとうございます。

記者 : ファン・ヘジン