「ジャスティス」チェ・ジニョク&ソン・ヒョンジュ&AFTERSCHOOL ナナ、緊張感漂う3人の団体ポスターを公開…独特な雰囲気

OSEN |

写真=プロダクションH、FNエンターテインメント
「ジャスティス」チェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュ、AFTERSCHOOL ナナ、3人のポスターが公開された。彼らに漂う重量感、存在感、そして真剣な雰囲気が見る人々の視線を惹きつける。

KBS 2TV水木ドラマ「ジャスティス」は、復讐のために悪魔と取引し堕落した弁護士のイ・テギョン(チェ・ジニョク)と家族のために自ら悪になった男ソン・ウヨン(ソン・ヒョンジュ)が女優連続失踪事件の間でぶつかり、韓国のVVIPたちの隠された裏の姿を暴くソーシャルスリラーだ。初放送に対する期待がますます高まっている中、本日(5日)弁護士イ・テギョン、建設会社の社長ソン・ウヨン、爆弾検察官ソ・ヨナ(ナナ)3人のポスターが公開された。

大きく青い布で覆われている空間の中に並んでいるテギョン、ソン会長、ヨナ。まず、頭のてっぺんからつま先までスーツを完璧に着て、ジャケットには弁護士バッジをつけたテギョンが際立つ。一人中央に立って正面を鋭く見つめているテギョンの表情は真剣で、その両側にそれぞれ椅子に座っているソン会長とヨナが、テギョンと同じく正面を見つめている。揺るぎないソン会長の表情とヨナのかすかな笑顔、そして足を組んで斜めに座った姿勢が注目を集める。それぞれ異なる雰囲気を漂わせているが、彼らの間から流れ出る息が詰まるような雰囲気から目が離せない。

今回のポスターはテギョン、ソン会長、ヨナのどっしりとしたオーラと、暗いがどこか豪華な雰囲気が漂う。これに先立って公開された3人の予告映像を通じて、それぞれ隠れた欲望や事情が表れ始め視聴者の好奇心を刺激する中、謎の事件の真ん中で絡み合う3人が一緒に捉えられた最初のイメージとして注目を集めている。また、完璧なスタイリングや微妙な表情、静的な手の動きだけでも、それぞれのキャラクターの性格をはっきりと表すチェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュ、ナナ。このようにポスターで表れる俳優たちのディテールは、劇中で繰り広げられる活躍に期待を高めている。

制作陣は「テギョン、ソン会長、ヨナが同時に収められたポスターが初めて公開された。弁護士、建設会社の社長、検察官で、さまざまな事件でぶつかる3人の関係が気になるポスターだ」と説明し「最高の俳優チェ・ジニョク、ソン・ヒョンジュ、ナナの重量感あるカリスマ性がポスターを埋め尽くす。そのカリスマ性は劇中でも確認することができるので、ドラマ『ジャスティス』の初放送までたくさんの関心をお願いしたい」と呼びかけた。

2017年ネットユーザーが熱狂したチャン・ホ作家の同名のウェブ小説を原作にした新水木ドラマ「ジャスティス」は、KBS「追跡60分」など10年間、時事番組教養脚本家として活躍してドラマに入門し「恋するレモネード」などを執筆したチョン・チャンミ脚本家とKBSドラマスペシャル「真夏の夢」、ミニシリーズ「私たちが出会った奇跡」のチョ・ウンPDがタッグを組んだ作品で、ファン・スンギプロデューサーが共同演出を務めた。現在、韓国で放送中のドラマ「ただ、一つだけの愛」の後番組として7月17日水曜日午後10時、KBS 2TVで放送がスタートする。

記者 : パク・パンソク