「メロが体質」チョン・ウヒ&チョン・ヨビン&ハン・ジウン、おもちゃの小物の意味とは?予告ポスター公開

TVREPORT |

写真=JTBC
おもちゃを持ったチョン・ウヒ、チョン・ヨビン、ハン・ジウンが「メロが体質」のポスターを飾った。

JTBC「メロが体質」チョン・ウヒ、チョン・ヨビン、ハン・ジウン、30歳の3人の友人のポスターが電撃公開された。

JTBCの新金土ドラマ「メロが体質」は、30歳の女性たちの悩み、恋愛、日常を描くイ・ビョンホン監督スタイルのおしゃべりブロックバスター。名前を聞くだけでも隙のない演技力と、斬新なシナジー(相乗効果)が目の前に描かれるチョン・ウヒ、チョン・ヨビン、ハン・ジウンの組合せで期待を集める。

本日(4日)公開されたポスターには、まず「30歳になったら大人になると思った?!」というキャッチコピーが目を引く。30歳ぐらいになったら大人のように何もかも上手くいくと思ったが、世の中はそんなに簡単ではないことを経験した人々の共感を引き出す。

そしてここには、その30歳の主人公のイム・ジンジュ(チョン・ウヒ)、イ・ウンジョン(チョン・ヨビン)、ファン・ハンジュ(ハン・ジウン)がいる。堂々とした表情、洗練されたブラックのスタイリング、さらに真剣かつカッコいいポーズまで三拍子を揃えたグラビアのようなイメージを作り出し、はじけたテンションを見せている。

しかし、彼女たちが手に持っている小物が反転といえば反転。感情の起伏が激しい一風変わったドラマ脚本家のジンジュはバービー人形が持ちそうなバッグを、絶対我慢しないドキュメンタリー監督のウンジョンは拳銃を、ドラマよりドラマチックな人生を生きるワーキングママのハンジュは哺乳瓶を持っている。カラーはピンク、彼女たちのスタイリングとは全く似合わないおもちゃのような小物だ。キャッチコピーと照らし合わせると、30歳だけどまだ成長(?)中である彼女たちの状況を伝えてくれるようだ。ところで、それぞれ持っている小物は何を意味するのだろうか。

公開されたポスターだけでもキャラクターが持つ“変わった性格”とドラマが持つ笑い共感コードを100%見せてくれた「メロが体質」。強制的に一つ屋根の下で暮らすことになったこの3人の友人が、お茶の間にどのような面白さを届けるか注目が高まる。

制作陣は「チョン・ウヒ、チョン・ヨビン、ハン・ジウンがそれぞれ持っている小物は、彼女たちのキャラクターを圧縮的に見せてくれるものだ。この小物が何を意味するのか、放送を通して確認してほしい。3人の女優が撮影現場でもまるで長い付き合いの友達のような息の合った呼吸を見せつけ、雰囲気をリードした。彼らの完璧なケミストリー(相手との相性)にシャッターが切られるたび、スタッフの嘆声と笑いも一緒に出た」と伝えた。

「メロが体質」は、「補佐官」の後番組として韓国で今月26日の午後11時から放送が始まる。

記者 : チョ・ヘリョン