「助けて2」元Secret ソナ“キャラクターに惚れて半分はファン、半分は役者として演じた“

TVREPORT |

写真=H. Brothers Korea
元Secret ソナが「助けて2」で印象的な演技を披露した中、放送終了を迎えて感想を伝えた。

最近、韓国でに放送終了したOCN水木オリジナルドラマ「助けて2」は、窮地に追い込まれた村を救ったでたらめな信仰。その信仰に対抗する変わり者1人の救援物語を描いた類似宗教スリラードラマだ。ソナは劇中でミンチョル(オム・テグ)の初恋の相手でカフェのママであるコ・ウナ役を務め、熱演した。

ソナは「助けて2」放送終了を迎えて、所属事務所H. Brothers Koreaを通じてコ・ウナと別れる気分からたくさんの声援を受けた感想、ファンへの挨拶など感謝の心を込めたメッセージを伝えた。

ソナは「たくさんの方々の愛情と関心の中で締めくくることができ、胸が一杯で嬉しい」とし「応援のおかげで毎回よく撮影することができ、締めくくりも上手くできたと思う。これまで『助けて2』を応援してくださって感謝している」と伝えた。

ソナは「助けて2」で、初登場から様々な作品を通じて培ってきた安定した演技力で、新しい色のキャラクターであるコ・ウナを印象的に表現した。これまで披露してきた明るくユニークなイメージに、ツンデレな一面まで備えた魅力的なキャラクターコ・ウナを思う存分演じきった。登場シーンごとに視線を集め、存在感を見せつけた。

他にソナは村の人々はもちろん、家族にも背を向けられたまま奮闘するミンチョルを最後まで信じてサポートする一途な魅力も披露し、活躍した。この過程で誰よりもミンチョルを心配して応援する愛らしく頼もしい“万能サポーター”としての役目を完璧にこなし、お茶の間を和ませた。

以下は「助けて2」放送終了に関するソナとの一問一答である。

――「助けて2」放送終了を迎えた感想はいかがですか?

ソナ:たくさんの方々の愛情と関心の中で締めくくることができ、胸が一杯で嬉しいです。

――ソナさんが感じたコ・ウナの魅力は何でしょうか?

ソナ:コ・ウナはミンチョルに一途でした。完璧ではなかったけど、それなりの方法で一生懸命ミンチョルを手伝う姿が、時には愛らしく、時には誰よりも信頼できる姿をアピールできたと思います。そのような部分が魅力的でした。

――コ・ウナはミンチョルのどんな姿にハマったと思いますか?

ソナ:コ・ウナが思ったミンチョルの魅力は、率直さ、躊躇わない行動派な一面ではなかったでしょうか。もちろんそれはミンチョルが持っている姿の中で最も心配になる部分でもあったけれど、コ・ウナは他の人々とは違ってミンチョルの善と悪の中でも善の部分を信じて応援し、その姿にハマっていたと思います。

――頼もしく愛らしいサポーターとして活躍し、多くの注目を受けましたね。

ソナ:たくさんの方々がコ・ウナのことを応援してくれましたが、私も台本に描かれているコ・ウナに惚れて半分はファンの気持ちで、半分は演技をする役者として演じました。素敵な役を演じることができ、撮影の間ずっとときめいて、視聴者のみなさんの関心のおかげで楽しく撮影することができました。

――「助けて2」を応援してくださった視聴者に一言お願いします。

ソナ:みなさんの応援のおかげで毎回撮影が順調に進み、上手く締めくくることができたと思います。「助けて2」を応援してくださってありがとうございます。

記者 : パク・グィイム