SF9、7thミニアルバム「RPM」でカムバック!“音楽番組&チャートで1位をとることが目標”

MYDAILY |

SF9が約4ヶ月ぶりにカムバックした。

17日午後、ソウル広津(クァンジン)区YES24ライブホールでSF9の7thミニアルバム「RPM」発売記念ショーケースが開催された。

SF9のニューアルバム「RPM」には、同名のタイトル曲をはじめ計6曲が収録された。愛を追うランナーに変身したメンバーたちは、無鉄砲なセクシーパフォーマンスを通じて実力とチームワークを誇示した。

新曲「RPM」は、緊張感が感じられるビートの上に流れるスペクタクルなサウンドの展開が印象的な曲で「君に向かって最後まで走っていく」という哀切さを盛り込んだ。

この日、SF9は新曲ステージを公開してから「今回は強烈なパフォーマンスを見せるために準備した」と、ヘアカラーなどビジュアルの変化を紹介した。また「パフォーマンスに念を入れたアルバムだ」と鑑賞ポイントを伝えた。

メンバーテヤンは「ヨーロッパ、アメリカツアーに行ったが、その時に新曲の準備をした。メンバーたちが飛行機の中で眠らずに、動画を見ながら準備した。期待する気持ちで準備したようだ」と準備過程について説明した。

ロウンは「僕たちがいろんなコンセプトに挑戦してきたが、僕は『Now or Never』以来、セクシーイメージが固まったようだ。セクシーコンセプトの中に、洗練されてパワフルな感じを盛り込もうとした」と話した。

また自身たちの従来のセクシーコンセプトとの違いについて「もっと重くて強烈なセクシーだ。今までのセクシーはスーツ姿で見せる柔らかいセクシーだったとしたら、今はある作戦に入るために戦闘服を着て見せる悲壮なセクシーだ」と説明した。

活動目標としては「音楽番組で1位をとることだ。ミュージックビデオの中で、心臓の小道具がとても大事だったが、それを石鹸で作った。石鹸をFANTASY(ファン)の方々にあげたい」と話した。

また「音楽番組の1位をはじめ、チャートインに成功して皆様と一緒にコンサートを開催したい」と願いを伝えた。別のメンバーは「せっかくならチャートで1位を獲得したい」と自信を示した。

SF9のニューアルバムは、17日午後6時にリリースした。

記者 : パク・ユンジン、写真 : キム・ソンジン